山梨で着物を高く売りたい人のための買取情報

山梨で着物を高く売りたい人のための買取情報

山梨で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、山梨のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

山梨の着物買取相場

山梨における着物の買取はかなり厳しく、他県にくらべても相場は低いといえるでしょう。

その大きな理由は古着の需要が少ないこと。そのため、たとえ中古の着物を買い取ったとしても、その後の売り先がないというのが現状です。事実、最も流通しそうな甲府市内を探してみても、着物専門のお店はほとんど見当たりません。

そのような厳しい市場ですが、比較的高額査定されやすいのが郡内紬です。山梨県郡内地方の都留郡の特産として知られる絹織物で、黃・黒・茶の糸で織る太い格子柄が特徴です。

江戸時代の領主に庇護されたことで、一時は山梨県を代表する絹織物として名を馳せましたが、盛んに織られていたのは昭和初期の頃までのこと。今はその希少価値から高額査定が期待できる着物の一つに数えられています。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

山梨の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、山梨県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名 住所
スマイル1
山梨県甲府市富竹1丁目11-14
スマイル2 山梨県中央市山ノ神1122オギノリバーシティ
スマイルワールド 山梨県笛吹市石和町四日市場1745
キングファミリー甲府貢川店 山梨県甲府市富竹1‐10-31
フリーグリーン 山梨県中巨摩郡昭和町西条5047
ゆめや 山梨県甲府市朝日5丁目6−15
おたから屋 甲府西銀座店 山梨県甲府市中央1丁目12-42甲府第一法曹ビル1階B
キングファミリー 甲府貢川店 山梨県甲府市富竹1‐10-31

山梨の織物&伝統工芸品

甲斐絹(かいき)

甲斐絹は、山梨県郡内地方のシンボルともいえる織物です。幻の織物ともいわれる甲斐絹のルーツは、江戸時代、インドの「更紗」などと共にもたらされた南蛮渡来の絹生地だったと伝えられています。

この絹はたいへん手間のかかる織物で、「手織り」「先染め」「先練り」「甘撚り(あまより)」の行程すべてが手仕事。当時としては極めて高度な技術が必要でしたが、この舶来の織物を真似して再現したのが、郡内地方の職人たちでした。

彼らのよって再現された絹織物の特徴は、美しい光沢と柔らかな肌ざわりでした。当時、見えないところに趣向を凝らすことを粋として楽しんだ江戸の町民文化とマッチし、羽織や着物の裏地などに好んで用いられました。

もともとが舶来の織物だったためか、この布(かいき)にはいろいろな当て字がありました。渡来当初は「加伊岐」、「海気」、「改機」、「海黄」、「海機」などの当て字。その後、一大産地となった郡内の地名を冠して「郡内海気」と呼び、さらに甲斐(甲州)の名を前面に出して、現在の「甲斐絹」と書くようになりました。

甲斐絹は明治、大正時代に最盛期を迎え、量産のために織り機を導入。縦糸に絵付をしながら織る「絵甲斐絹」「ほぐし甲斐絹」「絣甲斐絹」「高配甲斐絹」「無地甲斐絹」「玉虫甲斐絹」「縞甲斐絹」など多彩な種類や柄が生まれました。

一世を風靡した甲斐絹でしたが、洋服文化の進展とともに衰退し、も甲斐絹そのものは生産されなくなりましたた。今は有志グループ「甲斐絹座」によってそ素晴らしい魅力を後世に伝える活動がつづけられています。

郡内紬(ぐんないつむぎ)

郡内紬は、山梨県の郡内地方(都留郡一帯)で織られていた絹織物のことです。

郡内地方は日本でも有数の絹織物の産地として知られ、平安時代の格式である延喜式に「絹の朝廷献上」の記録が残っているなど、その歴史はたいへん古いものでした。そして後に紬が特産となった背景には、養蚕と物を伝えた甲斐の国司、山口沙弥麿の存在がありました。

時を経て、郡内紬に大いに発展したのは江戸時代。領主となった秋元泰朝によって厚く庇護され、代表的な特産品として成長しました。

郡内紬の魅力といえば、軽さ、柔らかさ、肌すべりの良さ、そして丈夫さです。茶、黒、黄色の格子柄は、縞甲斐絹(しまかいき)とも呼ばれ、同じ甲州を産地する大石紬にも影響をあたえました。尚、郡内紬にはランクがあり、特に松山で織られたものが上物とされています。

大石紬(おおいしつむぎ)

大石紬は、山梨県大石地方で生まれた、伝統手法による紬。丈夫で光沢があり、絹と紬の良さを兼ねたような独特の風合いが魅力です。

この紬を生んだ大石地方では、河口湖湖畔を中心に養蚕が盛んに行われ、絹の一大産地として栄えた地域です。ダムも放水路もなかった時代、豪雨のたびに河口湖からあふれた水で冠水するため、農作物の栽培などには向かない土地。そこで選んだのが、山裾でも育ちやすい桑だったのです。

養蚕の土地で生まれた大石紬は、タテ糸に本繭(1匹の蚕がつくった正常な繭)、ヨコ糸に玉繭(2匹の蚕がつくった変形した繭)を織り上げたもので、もとは売り物にならない自宅用として作った紬だったそうです。また江戸時代には、租税として「黄紬」を物納することが許されたと記録があるように、紬は人々の生活に欠かせないものだったといえます。

さて、大石紬が全国に広がったのは、信仰の対象として富士山にのぼる人々や、当時の行商人が流通させたためで、全盛期の明治後期から昭和初期には、3千反を超える紬が生産されていたそうです。富士河口湖の生活の中から生まれた伝統の大石紬。今は残念ながら生産量もわずかとなりました。

山梨県内の着物買取エリア

中央市/笛吹市/都留市/北杜市/甲府市/甲斐市/大月市/韮崎市/富士吉田市/山梨市/上野原市/甲州市/南アルプス市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です