山形県で着物を高く売りたい人のための買取情報

山形県で着物を高く売りたい人のための買取情報

山形県で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、山形県のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

山形県の着物買取相場

高級な絹織物が有名な山形県。中でも置賜紬で作られた着物は、保存状態が良く証紙と一緒に査定に出せば、購入額の5分の1と高額の買取価格がつくこともあります。

また、置賜紬のうち米沢市周辺で作られている米沢紬については、ひとつひとつ手間暇かけ、紅花や藍などの植物を使って染められ織られているため希少価値が高いです。そのため、より高額な買取価格がつきやすいと言えるでしょう。

まずはプロの買取業者に無料で査定してもらうことをオススメします。

 

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

山形県の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、山形県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名 住所
さとう質店
山形県天童市桜町8-22
オーディン山形城西店 山形県山形市城西町5丁目29−27
アークリサイクル 山形県東根市神町南一丁目2-1
リサイクルショップマルカ 大学病院前店 山形県山形市飯田西4丁目1−20
たんす屋mini山形北店 山形県山形市馬見ヶ崎1-22-18 オフハウス山形北店内
円阿弥2 山形市本町2-4-30
ながもち屋 十字屋山形店 6階 山形県山形市幸町2-8
おたから屋 山形七日町店 山形県山形市旅篭町2-2-26庄司ビル2階
おたから屋 置賜中田交番前店 山形県米沢市中田町12-4

山形県の織物&伝統工芸品

山形県の米沢市、長井市、白鷹市周辺は置賜地方と呼ばれ、江戸時代には青苧という染物の原料となる植物の栽培が盛んでした。

当時、米沢藩を治めていた上杉鷹山は、その青苧をうまく活用しようと、自給自足の織物産地を目指すことにしたのです。

米沢は、本場である京都の織物師を迎え織物の生産地として発展し、その後養蚕が盛んであった長井や白鷹の地域へと織物産業は広がっていきます。

さらに、青苧の凶作をきっかけに置賜地方の産業全体は養蚕中心へとシフトしていきます。そして絹織物として有名となる現在に至ります。

山形県の織物は、地域の人々の努力によって守られ発展し、現在の私たちへとその魅力を伝え続けているのです。

置賜紬(おきたまつむぎ)

置賜紬とは、米沢紬、長井紬、白鷹紬の総称です。戦後、江戸時代から続く織物産業を伝統工芸品として保護しようと、国が制定した「伝産法」をきっかけに1つの呼び名に統一されました。

その素朴な風合いが愛される所以でもある置賜紬の技法は地域により様々ですが、どこも先染め、平織りで、その技術を後世に伝えようと「山形紅花染」などといったブランドも掲げられ、保護のための努力がされています。

化学染料を含んだ紅花染が多く広がっている中、山形紅花染は純粋な紅花染にこだわり、紅花の栽培から収穫、染めと織りに至るまで全て手作業で行なわれ、長い間途絶えていた紅花染を復活させたのです。

羽越しな布(うえつしなふ)

沖縄県の芭蕉布、静岡県の葛布とともに、日本三大古代布として並べられる羽越しな布も山形県の有名な織物の1つです。

主な生産地は鶴岡市関川で、起源ははっきりとしていませんが、この地域に残されている機織り機の形状から、織物が中国から伝来した頃から織られていると推測されています。

化学繊維が主流となってきている現在では、羽越しな布を未来に残すための後継者の育成の取り組みや、植林作業を進めるなど、多くの努力がされています。民芸品として加工し、販売もされています。

シナノキという山間部に分布する植物の靭皮を糸として用いて織られるこの布は、農業用の穀物を入れる袋や作業着、敷布など生活用品に多く使われていただけでなく、平安時代には延喜式への貢物として納められるなど、広く用いられていた事が記録として残っています。ざっくりとした手触りで水に強く、軽いのが特徴です。

山形県内の着物買取エリア

新庄市/上山市/村山市/米沢市/鶴岡市/天童市/寒河江市/南陽市/東根市/酒田市/長井市/山形市/尾花沢市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です