富山で着物を高く売りたい人のための買取情報

富山で着物を高く売りたい人のための買取情報

富山で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、富山のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

富山の着物買取相場

富山県には、古き良き日本の街並が残されており、高岡古城公園、高岡大仏、富山城、五箇山など、特に着物が似合う史跡が多くあります。

それでも京都を訪れる観光客のように着物を着て街をそぞろ歩く人は少なく、残念ながら着物を買い求める人も多いとはいえません。

こうした背景から、着物買取の相場としては比較的低いのが現実で、着物を専門に扱う買取店より、全般的に買取を行うリサイクルショップのほうが多いようです。

このように厳しい買取市場でも比較的高嶺で査定されやすいのがアンティーク着物です。アンティーク着物は昭和初期より以前に織られた着物のことで、各時代の流行を反映して「大正ロマン」「昭和モダン」とも呼ばれています。

町中にある古着屋やリサイクルショップは持ち込んでも買取りをしてもらえないケースが多いようですが、着物専門の買取業者に査定をお願いすると高値で買取されやすいようですよ。

特に人気が高い花柄や幾何学模様のアンティーク着物をお持ちなら、ぜひいちど専門業者に査定してもらってはいかがでしょうか。

 

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

富山の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、富山県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名住所
嶋田美術
富山県高岡市中保1343
株式会社なんでも鑑定局富山本店富山県富山市新庄本町2丁目9-71
北日本宝飾/富山中央通り本店富山県富山市中央通り1丁目6-5
東宝企画富山県高岡市野村4区1157-7
リサイクルショップ地球家族 高岡店富山県高岡市大野236
DONファミリーリサイクル富山県砺波市中村295-1
いがらしリサイクルきもの富山県高岡市四屋204−2
たんす屋富山店富山県富山市総曲輪3丁目6番15-3号 サザンクロスビル
おたから屋 富山総曲輪店富山県富山市総曲輪3-3-14
キングファミリー 高岡向野店富山県高岡市向野町3‐60‐3

富山の織物&伝統工芸品

福光麻布(ふくみつあさふ)

福光麻布は、富山県南砺市福光で生まれた麻織物です。福光に息づいた織物の歴史はとても古く、平安時代の記録が残されているほどです。

そして福光麻布が盛んに生産されるようになったのは江戸時代で、加賀藩の庇護のもとに発展しました。その種類は縮緬、紋布などたいへん豊富で、織り出されれる場所によって八講布、呉郎丸布、川上布など呼ばれました。

福光麻布が織り上がるまでには大変な手間がかかります。まず糸車で撚りをかける苧績(おうみ)からすべて手作業で、居座機や高機によって織り上げます。

そして織り上げた後も、清流に晒して天日干しするという作業を20日〜30日程繰り返し、ほど良く色あせたところで福光麻布が完成するのです。

現在、生産数はかなり減少していますが、地元では福光麻布を復興する会などを立ち上げ、伝統を将来につなぐ活動が行われています。

富山県内の着物買取エリア

滑川市
小矢部市
南砺市
魚津市
射水市
黒部市
氷見市
砺波市
高岡市
富山市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です