鳥取で着物を高く売りたい人のための買取情報

鳥取で着物を高く売りたい人のための買取情報

鳥取で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、鳥取のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

鳥取の着物買取相場

鳥取県の着物買取相場は一般的に低めです。リサイクルショップはありますが着物専門の買取店でないということがデメリットです。こういったお店は店舗の運営費や維持費、人件費がかかるので、高額に査定されにくいと言われます。

ですから、高額査定をしてもらいたい場合は、着物専門の買取業者を探してみましょう。特に実店舗をもたないネットのお店が狙い目です。

高額査定が期待できる着物は、有名な作家の藤林徳扇の訪問着、振袖です。藤林徳扇の独特な技法で作られた着物は非常に価値が高く、また未婚、既婚を問わず女性に人気のため高額査定されるのです。ちなみに、買取を依頼する場合には登録商標となる証紙が必要になるので準備しておきましょう。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

鳥取の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、鳥取県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名住所
アイ・プラチナ
鳥取県鳥取市扇町133-2
創庫生活館湖山店鳥取県鳥取市湖山町北2丁目201
キングラム米子店鳥取県米子市糀町2丁目196-1
桔梗家鳥取県倉吉市八屋192-5
総合リサイクルショップJam鳥取県鳥取市大杙201-1
ジャム鳥取店鳥取県鳥取市大杙201-1
キングファミリー 鳥取湖山店鳥取県鳥取市湖山町東5丁目201
良品買館 米子米原店鳥取県米子市米原7-1-10

鳥取の織物&伝統工芸品

弓浜絣(ゆみはまがすり)

弓浜絣は鳥取県米子市・境港市の有名な綿織物です。単に浜絣と呼ばれることもあります。倉吉絣、広瀬絣とならび山陰地方の三絵絣の一つに数えられます。

弓浜絣の特徴は、先染め平織りの綿紬と色濃い藍が白地抜きに映えることと言われます。絵柄と呼ばれる白抜きの柄には七宝つなぎ、扇、鶴亀、鯉、鼓といった縁起の良いものが選ばれます。

弓浜絣のルーツは自家用の織物までさかのぼります。もともと良質な綿である伯州綿があったことから、各家で織っていたのです。娘がお嫁に行くときには、嫁ぎ先に根付くようと「いかり」を織ったり、子供が生まれる時は高く飛翔する願いを込めて「鷹」を織ったりしました。

残念ながら、生産は一時期衰退してしまいましたが、昭和50年、国の伝統高原品として認められるに伴い再興を果たしました。「浜絣あいの会」が発足し、弓浜がすり伝承館が立てられています。現在でも地元の人々の努力により、伝統技術の伝承が行われています。

倉吉絣(くらよしかすり)

倉吉絣は鳥取県倉吉市の織物です。倉吉絣は、弓浜絣、広瀬絣とならぶ山陰の三絵絣のひとつです。その歴史は比較的新しく、江戸末期がはじまりです。

久留米絣と弓浜絣の影響が顕著で、絵絣に麻の葉、亀甲、山水、松鶴を題材とするのが特徴です。また、「組織織(そしきおり)」と呼ばれる、高度な綾織り、浮き織があります。

この複雑な織り方は特に「風通織」と言われ、幻の織物として珍重されました。明治時代には西日本一帯で人気がありましたが、あまりの複雑さのため機械で行うことが出来ず、戦前までにはほとんど作られなくなりました。

しかし、戦後になると染織家吉田たすくの尽力によりこの伝統技術が再び行われることとなり、福井貞子が代表をつとめる「絣保存会」によってその活動が引き継がれています。

鳥取県内の着物買取エリア

鳥取市/境港市/米子市/倉吉市

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です