徳島で着物を高く売りたい人のための買取情報

徳島で着物を高く売りたい人のための買取情報

徳島で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、徳島のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

徳島の着物買取相場

徳島県の着物買取の相場は決して高くありません。しかし着物買取の専門業者ならば、着物をしっかりと鑑定してくれるため市場価値と同じ価格で買取してもらえます。このため地域差というのはほとんどありません。

一方、普通のリサイクルショップに買取をお願いすると、着物はグラム単位で査定されてしまうため非常に安い値段でしか売ることができません。そして徳島県には、このようなリサイクルショップ以外の着物専門店が非常に少ないのです。ですから徳島県の方はネット店を利用して着物買取をお願いするのがベストと言えます。ネット店なら、着物を高額査定してもらえます。

高額で買取してもらえる着物は、北村武資の作品がまず挙げられます。人間国宝として知られる北村武資は「羅」と「経錦」という独特の織物技法が特徴で、重要無形文化財として認定されています。めったに流通しない着物なので、高額査定される可能性が高いです。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

徳島の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、徳島県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名 住所
リサイクルブティックベーシック沖浜店
徳島県徳島市沖浜3丁目29-2
木下質店 徳島県徳島市南内町1丁目14
株式会社インテックスカクモト 徳島県徳島市問屋町55
かねふく質店 徳島県徳島市出来島本町3丁目23-2
四国買取センター本部・買取問屋リサイクルマスタージャパン徳島 徳島県小松島市金磯町9-36
阿波和鳴門本店 徳島県鳴門市撫養町南浜東浜339
きもの ふりく 徳島県徳島市助任橋2丁目34-3大井ビル2F
あある 徳島県徳島市北田宮3丁目1−1
キングファミリー 徳島藍住店 徳島県板野郡藍住町勝瑞字西勝地283‐1

徳島県の織物&伝統工芸品

阿波しじら織(あわしじらおり)

阿波しじら織は徳島県徳島市の木綿織物として知られます。心地よい肌触り、そして藍染、独特のシボが特徴で、特に夏用の着尺物として愛されています。また阿波しじら織は徳島県の指定無形文化財にもなっています。

阿波しじら織は「たたえ織」と言われる木綿織物が発達したものです。海部ハナ氏によって、濡れた木綿の布を乾かすことにより出来た「シボ」を経糸の張力の差を使い独特のシボを生み出すべく改良が重ねられたのです。これが阿波しじら織のルーツといえるでしょう。

実は、この改良は庶民が絹布を使うことを禁じた旧藩主、蜂須賀公の政策が原因でした。絹布が使えないので、なんとか木綿織物の見た目を美しくできないものかと工夫を重ねた結果であるのです。明治時代になると阿波しじら織は型染め、幅広のものも生産されるようになりました。そして、海外からの需要があるほどになったのです。

最も活気のあった大正時代では200軒を越える機屋がありましたが、時代とともに徐々に規模が縮小していきました。しかし現在でも夏物の着物として人気があります。また阿波しじら織のブラウスなど現代風にアレンジされた商品が作られています。

阿波藍(あわあい)

阿波藍は徳島県の染物として知られます。昔から徳島ではタデアイ、すくもが栽培されており、これが藍染めの原料として使用されていました。

そして、徳島藩の庇護のもと、本格的な産業として発展していったのです。徳島県、吉野川は台風による洪水の発生しやすく、稲作も被害を受けることが多かったので台風の時期の前に収穫できる藍作が奨励されたのです。

その結果、江戸時代には「藍といえば阿波藍」と言われるほど、全国的な人気となりました。しかし、インド藍、人造藍が出回り出すにつれて生産は衰退していきました。

ですが、その伝統は今も途絶えていません。G7伊勢志摩サミットで阿波藍染製品のコースターが展示されるなど現在も生き続けているのです。

徳島県内の着物買取エリア

阿南市/三好市/吉野川市/阿波市/徳島市/美馬市/小松島市/鳴門市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です