中古の反物を高く売るポイントと買取相場を徹底解説

【着物買取】中古の反物を高く売るポイントと相場を徹底解説

着物になる前の布地のことを反物(たんもの)といいます。

和服に使用されている織物の総称を指しており、洋服が一般的となっている現代では、反物から着物を仕立てる人は多くはいないのが現状です。

今だと着物を着る機会と言えば、成人の日や結婚式、お正月などですが、それでも普段から着物に親しんでいる方だと反物を所持しているでしょうし、おばあちゃんが若いころに持っていた反物を大事に保管しているご家庭もあるでしょう。

それでは反物にはどういった特徴があって、買取に出す場合の相場はどうなっているのかをご紹介します。

反物の買取相場

着物と反物では、どちらの方が買取の価格がアップするのかということも気になると思います。

着物だとサイズや状態が査定に影響してきますが、着物になる前の反物だと、それらの条件は考慮されません。そのため、反物の方が買取の価格が大きく、約2万円からが一般的な相場となっています。

有名なブランドである沖縄着物は、買取の相場が約5万円と言われていて、アンティーク着物では約1万円から3万円の間、振袖や訪問着でも相場は1万円ほどですので、反物だけの方が買取価格は高額となっています。

ある着物買取サイトでは、よく知られている大島紬が着物よりも反物の方が1万円ほど高値で取引されていることもあるのです。このことからも、一般的に見て着物よりも反物の方が高額で買取されていることが分かります。

できるだけ高く売りたい!チェックするべき反物の4つの素材

反物を高く売るためには素材も重要なポイントとなっています。今だとお手頃価格で購入できて、自宅で洗濯もできることから、ポリエステル素材の着物がよく流通していますが、買取してもらう場合だとポリエステルは避けられてしまうことがあります。

やはり昔からの素材で作られた反物の方が高額で買取される傾向があるのです。一般的に反物の素材として扱われているのは、絹(シルク)に木綿、麻、そして伝統工芸品となっています。そこでチェックするべき素材についてご紹介いたします。

1.高級素材として知られている絹

高級な布のイメージがある絹(シルク)は、反物の世界でも同じように良質な素材として昔から流通しています。ですから絹の反物になると買取価格にかなり左右されると言えるでしょう。

今では特別な時にしか着なくなってしまった着物だからこそ、良い素材の反物で着物を作ろうとされる方が多くいらっしゃいます。そのため、自然と買取価格も相場が高くなる傾向にあります。

もし絹の反物をお持ちでしたら、単位をチェックしてみてください。絹には匁(もんめ)と呼ばれる独特の重さの数値があり、この数字が大きいほど絹がたくさん使われていることになります。

2.大衆に親しまれている麻

植物から作られる麻は、金額的にもあまり高くはないので昔から一般大衆に親しまれてきた素材です。しかし麻は均一に染めることが難しいので、あまり多くは流通していません。

そのため、麻の反物の買取金額は低くなっています。しかし麻の反物自体がほとんどないことから、持っている素材が麻であると心配することはないでしょう。

3.誰もが持っている木綿

木綿といえば、着物だけでなく洋服の素材としてもよく使われています。そして気軽に入手できる点からも、老若男女問わず親しまれている素材です。

しかし、容易に手に入ることからも分かるように、買取価格にはあまり期待できるとは言えないでしょう。ですから木綿の反物を査定に出したとしても、高額にはならないと考えてください。

4.有名作家による伝統工芸品

名のある作家の手によって作られた作品は、伝統工芸品として高値で買取されています。よく知られている銘柄だと大島紬があり、また重要無形文化財としても貴重な結城紬だと、新品の状態では15万円から買取されている場合もあるのです。

それから帯の反物にも、有名ブランドだと買取査定に期待が大きく持てるでしょう。丹後ちりめんや博多織、また紅型染に西陣織をお持ちなら、買取価格は高額になるケースがあります。

反物の証紙付きは高値になる

反物で高く査定される素材は絹になりますが、絹でも証紙付きの反物はさらに高額になりやすい傾向にあります。

「証紙」とは洋服でいう「タグ」のことです。この証紙が付いた反物だと、製造者や素材を証明することが出来ますので、高値で買取されることに期待できます。

それに証紙が付いているということは、高価な反物である証拠だとも言えるでしょう。中でも、本場加賀友禅や本場結城紬、 久米島紬になると高値になりやすいです。

そして証紙に「真綿100%」と記載されている場合だと、使用されている素材の主が絹になっています。真綿は綿という字が付いているので木綿と関係があるのかとよく思われがちですが、実際のところ真綿は絹(シルク)のことです。

もしお持ちの反物に証紙が付いているのならじっくりと確認してみてください。また「大島紬」や「無形文化財」といった表記がある証紙もあり、買取査定に大きく良い影響を与えてくれるでしょう。

反物とは

着物になる前の布地のことを反物(たんもの)といいます。着物屋さんでは仕立てる前の反物を展示しています。

巻物のように布をくるくると巻いて、お客さんに見せるときは反物を体に沿わせてデザインを確認している様子は、時代劇でも見たことある方も多いでしょう。

布の単位は「反」といい、一反は約12メートルあります。着物一枚作るのにざっと計算して、だいたい一反(12メートル)は必要になってきます。

幅が約34センチ、長さが12メートルの反物がひとつの巻物に巻かれていますが、現代の日本人は昔に比べると身体が大きくなっているので、今の反物の長さは12メートルから14メートル、幅が37センチから38センチまでのサイズが主になってきています。これくらいの大きさだと、身長が170センチある人でもひとつの反物で着物を作ることは可能です。

女性用の着物には「おはしょり」と呼ばれる部分があり、帯の下にちょっと見えているパーツに余分に布を取られていますが、このおはしょりは男性用にはありません。

そのため、男性用の着物を仕立てる場合は幅が約37センチから44センチありますが、長さは変わらないのです。幅が44センチもあると、190センチほどの高身長の人でも一反で着物を作ることができます。

反物にはどんな種類があるの?

呉服屋さんでは着物の反物である着尺(きじゃく)の他に、羽織のための反物の羽尺(はじゃく)や、長襦袢地があります。

短くて一反に届かない長さの帯地と呼ばれるものでも反物と呼ばれており、様々な種類が存在しています。

着尺(きじゃく)

着物一枚を作ることができる長さと幅が揃っている生地のこと。

羽尺(はじゃく)

羽織一枚を作ることができる長さと幅が揃っている生地のこと。コートも羽尺で仕立てることができます。着尺と比べるとデザインが少し違って、長さがちょっとだけ短くなっています。

長襦袢地(ながじゅばんじ)

長襦袢が作られる生地のこと。長襦袢とは着物の下に着るものです。よく使われている素材には綸子(りんず)や麻があります。

帯地(おびじ)

帯が作られる生地のこと。帯側(おびがわ)とも呼ばれています。有名どころだと西陣がよく知られているでしょう。

着物の生地と違ってある程度の厚みが不可欠になっていますので、唐織や錦が使われており、夏だと麻の生地でも作られています。

袴地(はかまじ)

袴が作られる生地のこと。男性用と女性用では柄にかなり違いがあり、男性の場合は素材や着物によってデザインがほぼ一定となっています。

反対に女性は色彩豊富で種類もたくさんあり、着物によってデザインや生地を好みで選択することが可能です。袴用の生地だと「仙台平」がよく知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です