佐賀で着物を高く売りたい人のための買取情報

佐賀で着物を高く売りたい人のための買取情報

佐賀で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、佐賀のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

佐賀の着物買取相場

佐賀県には着物の買取を専門にしているようなお店はほとんどないようです。佐賀駅周辺などの繁華街に行くと、リサイクルショップや着物レンタルショップといったお店が並んでいますが、これらのショップでは着物の買取までは行っていないようです。というのも、着物の買取をこうした店舗で行っても販売ルートが店頭に限られてしまい、ほとんど売れないからです。

そこで、佐賀県で着物を売りたい人は、インターネットを利用して、ネット買取業者に依頼することをおすすめします。ネット買取業者は、全国からリクエストを受けて、利用者の都合に合わせて出張買取・宅配買取のサービスをしていますので、全国どこでも喜んで買取対応をしてくれます。さらに、相場が全国基準となるので、不当に安く買い叩かれる心配もありません。公正な相場で買取金額をつけてもらえるので、安心です。

高額査定されやすい着物は佐賀錦です。佐賀錦は、金・銀・漆を用いた幾何学模様が特徴的な伝統織物の一つです。特に人間国宝として知られる古賀フミの作品などは、とても高く評価されています。そういった名品は、市場に出回る数が少ないので、より高額の査定をしてもらえますよ。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

佐賀の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、佐賀県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名 住所
リサイクルショップお宝倉庫大町店
佐賀県杵島郡大町町大字大町967
センヤイチバ・リサイクル南部バイパス店 佐賀県佐賀市本庄町大字本庄208
ニューポーン佐賀店 佐賀県佐賀市開成6丁目5-29
ニューポーン鳥栖店 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目102番地
質ショップ光 佐賀県佐賀市光1丁目3-11
きものや わ蔵 佐賀県佐賀市若宮1-18-3
リサイクルきものはんじょう屋 佐賀県佐賀市大和町大字尼寺840−1
ムックハウス 武雄店 佐賀県武雄市武雄町大字永島15372-5
ながもち屋 佐賀玉屋 本館7階 佐賀県佐賀市中の小路2-5

佐賀の織物&伝統工芸品

佐賀錦(さがにしき)

佐賀県を代表する織物・染物と言えば、佐賀錦(さがにしき)があります。佐賀県鹿島市で作られるため、「鹿島錦」とも呼ばれることもあります。

箔糸(金などを貼った和紙を細くしたもの)をタテ糸に、先染めした絹のより糸をヨコ糸に使って、丹念に織り上げます。そうして織られた網代(あじろ)、紗綾型(さやがた)、菱型といった伝統的な幾何学模様が、気品ある華やかさを感じさせます。

佐賀錦の起源には諸説あります。一つは、病に伏していた鹿島藩の藩主の妻が、天井の網代組を仰ぎ見て考案したという説や、また、京都から嫁いできた女性が、故郷の紙遊び細工から網代組を織り出したといった説もあります。

明治初期に一時生産されなくなったものの、大隈重信夫人らにより復活しました。現在では、帯地に使われることもありますが、大半はカバンや財布などの小物に利用されています。

佐賀県内の着物買取エリア

鹿島市/嬉野市/小城市/神埼市/伊万里市/佐賀市/武雄市/唐津市/多久市/鳥栖市

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です