中古の大島軸を高く売るポイントと買取相場を徹底解説

【着物買取】大島軸を高く売るポイントと相場を徹底解説

着物買取でも人気の大島紬について、高額査定のコツと相場、織物そのものがもつ特徴について詳しく調べてみました。

着物・反物を高額で売却したいなら、読んでおいて損はありません。ぜひ参考にしてみてください。

大島紬の買取相場

大島紬の買取相場価格は、状態の良いもので約3万円ほどといわれています。

大島紬は渋い風合いが魅力の高級着物です。その風合いは、蚕の繭から取り出した糸を緻密に織り込むことで表現されます。そのため大島紬は人気が高く買取を希望する業者があとを絶ちません。

着物買取サイトで「大島紬をお売りください」という文言をよく見かけることからも、その需要の高さが容易に想像できますね。

9マルキ大島紬や珍しい刺繍が入った訪問着

9マルキ大島紬(スピード買取.jp)

買取金額:185,000円。9マルキ大島紬や珍しい刺繍が入った訪問着といった希少な着物を複数枚で

証紙付きの大島紬や訪問着

証紙付きの大島紬や訪問着(スピード買取.jp)

買取金額:150,000円証紙付きの大島紬や訪問着、博多織の帯など20着以上が良い状態で。

本場大島紬

本場大島紬(スピード買取.jp)

買取金額:145,000円。本場大島紬や上質な訪問着など希少品多数なら!

白大島袖

白大島袖(スピード買取.jp)

買取金額:101,000円。状態もきれいな白大島紬や和服類。全て証紙付きでこの価格!

白泥染め

白泥染め(スピード買取.jp)

買取金額:85,000円。大島紬の染めの中で最も稀少な「白泥染め」の着物ほか、全て美品で。

大島紬を高く売るための6つのポイント

  • 証紙を提示する
  • 種類により高く売れる季節に売る
  • 不要ならできるだけ早めに売る
  • 着物買取業者に売る
  • 複数の着物買取業者で比較する

1.証紙もいっしょに査定に出して査定額アップ!

着物についている「証紙」は、着物の製造場所や種類が記載された証明書です。これを提示することで査定額が大幅にアップします。

万が一証書を紛失してしまった場合は、証明書、鑑定書、保証書、たとう紙、保存袋、箱、共布など、その着物の価値が証明できるものがないか確認しましょう。

2.種類により高く売れる季節に売る

大島紬は種類によって柄や雰囲気が違ってくるので、季節により高く売れる時期が変わってきます。

高く売れる時期に合わせて売りに出したほうが、買い手の目につきやすく査定額もグンと上がります

例えば「白大島」は春から初夏にかけて白い生地が涼やかに映えます。この時期ならではの粋な着こなしに憧れる人も多いですから、同じ着物でも他の時期に比べて高値がつきやすいようです。

3.不要ならできるだけ早めに売る

着物の買取価格の相場は、株価と同じで上がるのには時間がかかりますが下がるときはあっという間です。

2~3ヶ月で数千円の値下がりということもざらにある話ですから、売ろうと思ったときが売り時と心得て早めに手放した方がお得です。

4.しみ抜き・修理はしない

不要な大島紬を査定してもらうなら、多少汚れやほつれがあったとしても、シミ抜きや補修などはおこなわないでください。

下手に手を入れてしまうことで、かえって大島紬のもつ独特の味わいが損なわれてしまうやもしれません。

一般的な専門店の補修で2,000円~4,000円程度はかかりますから、それを考えても売却前に無駄に出費をする必要もありません

5.着物買取業者に売る

着物のように専門性の高いものを売るときは、豊富な実績のある着物買取業者に査定をしてもらいましょう。

着物の査定には、種類、生地、作家物、伝統工芸など着物にまつわる深く広い知識が必要なので、詳しい方でなければ適正な査定価格を出すことはできません。

通常のリサイクルショップや質屋には、そのような知識をもった専門家はほとんど在籍していません。

安易にそのような店に査定を依頼してしまうと、価値ある品が安い金額で引き取られてしまう可能性があります。

着物を正しく査定してもらうために着物買取業者を利用しましょう。

⇒ 着物買取業者に無料査定してもらう

6.複数の着物買取業者で金額を比較しよう

着物を査定してもらう際には、必ず複数の買取業者に査定をしてもらい相場を把握しましょう。

理由は一社だけだと本当にその値段が妥当だかわからないからです。相場より安い値段をつけられていたら嫌ですよね。

査定は完全に無料ですので比較しないと損ですよ!

⇒ランキング

大島紬とは

大島紬は鹿児島県奄美大島を本場生産地とする、日本を代表する高級絹織物です。奄美大島の特産品あり、約1300年の歴史をもつ伝統工芸品でもあります。

「本場大島紬」とも「本場奄美大島紬」とも呼ばれますが、基本的には同じものを指しています。大島紬の着物は軽くて暖かく、着るほどに身体になじみ着崩れしにくいです。

今では時代の流れとともに柄も種類も増えてきましたが、本来は無地やシンプルな柄が主流です。

大島紬の種類

大島紬にもいくつか種類がありますが、特に本場奄美大島で生産された「本場大島紬」(特別印があるもの)は買取業者に好まれ、高値で取引されます。

この人気にあやかり、最も一般的な「泥大島」(茶系の泥染め)が需要の高まりをみせ、買取に力をいれている業者が多くなってきています。

残念ながら、藍色や化学染料で染めたものの人気はいまひとつのようです。

泥大島

着物買取の泥大島

テーチ木(車輪梅の木)の煮汁で染めたのち、泥田につけて染めたもの。大島紬のなかで最も一般的で、シンプルで落ち着いたデザインが多いです。

藍大島

着物買取の藍大島

藍染めにした糸で織ったもの。濃紺の地に水色の絣模様があしらわれています。色落ちが激しいため、あまり生産されていません。

色大島

着物買取の色大島

化学染料を用いて色染めした糸で織ったもの。伝統の技法を基に現代風のアレンジを加えたもので、多くの色合いが楽しめます。

白大島

着物買取の白大島

白の地に薄色の模様があしらわれたもの。初夏の日差しに涼やかに映えます。

大島袖の絣の形

大島紬のマルキとは

大島紬の絣の形には「カタス」と「モト(元)」の2種類あります。

「カタス」は経糸1本に対して緯糸を絣合わせたもので、「モト(元)」は、経糸・緯糸を2本ずつを絣合わせたものです。それぞれT字型、十字型に見えます。

モトの方が手間がかかりますので高額になりますので、同じマルキ数でも「カタス」か「モト」で当然値段も違ってきます

参考:本場大島紬 | 奄美大島の大自然を感じる「奄美の里」

大島紬に使用される単位「マルキ」とは

「マルキ」とは大島紬で経糸(たて糸1240本)に対して使われている絣糸の本数の単位のことです。

1マルキは絣糸80本です。5マルキ、7マルキ、9マルキの大島紬があり、マルキが多いほど手間がかかっていますので高額になるのが普通です。

ただし、マルキ数が多くてもそれほど複雑ではない模様もあり、単純に9マルキが必ず7マルキより高いということでもありません。

大島紬が高く売れる3つの理由

大島紬の着物や反物が高額査定される理由には3つの理由があります。

1.伝統工芸品としての価値

大島紬は1975年に経済産業省指定伝統的工芸品に指定されていますが、大島紬自体は7世紀頃にはすでに作られていたとされています。

日本で最も古い染色技法を用いた「染め物」として、歴史的にもその存在価値は大変重要なものです。

このように大島紬には、優れた着物・反物というだけでなく、伝統工芸品として文化的価値があることも査定額を引上げる理由のひとつになっています。

鉄分を多く含んだ泥で染める「泥染め」は、虫や汚れが付きにくいという利点もあります。

2.生産工程の多さ

生産工程の多さも査定額を引上げる要因です。本場大島紬は完成させるまでに、実に30もの工程があります。

締め機による折り込みによって絣糸を作る工程と、手機により絣合わせをしながら反物を織る工程があり、「大島紬は2度織られる」と言われます。

そのため、生産量が少なく希少性が高まり世界の反物コレクターから熱い視線を浴びるという結果になったのです。

天然染料を使っている

純粋な植物藍だけで染められた本場大島紬には、その証として「古代染色純植物染め」の証紙がつけられています。

ほかにも化学染料を一切使わない「草木染め」や「白泥染め」などもあり、安全・安心なところが消費者の心を捉え査定額が高値になる要因になっています。

大島紬のなかには、化学染料を使用しているものもあります。いずれは売却することも選択肢のなかにあるのであれば、自然素材にこだわって着物選びをしてみるというのも、上手に着物生活を楽しむための知恵と言えるでしょう。

⇒ 着物買取業者に無料査定してもらう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です