岡山県で着物を高く売りたい人のための買取情報

岡山県で着物を高く売りたい人のための買取情報

岡山県で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、岡山県のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

岡山県の着物買取相場

岡山の着物需要は高いですが買取相場は比較的低いです。その原因は、着物買取を行っているお店が少なく、リサイクルショップが主流であることが考えられます。

高額査定されやすい着物は亀甲数の高い結城紬です。亀甲柄は、亀の甲羅のような小さな六角形の連続柄のことで、結城紬の代表的な織柄文様です。80亀甲100亀甲160亀甲と数字が高くなるほど模様が細かく緻密な柄になります。亀甲数が高くなるほど高額査定が期待できます。

また、「鮫」「行儀」「角通し」で三役、「大小あられ」と「縞」を合わせて五役と呼ばれる江戸小紋模様は、フォーマルな場に重宝し、格が高いため高額査定が期待できます。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

岡山県の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、岡山県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名住所
リサイクルマート倉敷連島店
岡山県倉敷市連島2丁目10番地20号
チケット大黒屋質岡山青江店岡山県岡山市北区神田町2丁目4-22
株式会社ぜにや質舗岡山県岡山市北区富田町1丁目9-5
有限会社三崎質店岡山県岡山市北区内山下1丁目12-15
蔵吉岡山県岡山市北区内山下1丁目12-15
こやぶ岡山県岡山市中区門田屋敷1丁目7-19
新古美術さくや岡山県岡山市南区箕島298-3
たんす屋NEXT岡山高島屋店岡山県岡山市北区本町6-40 岡山高島屋8F
ながもち屋 天満屋岡山店 中地下岡山県岡山市北区表町2-1-1
おたから屋 岡山中央店岡山県岡山市北区奥田1-1-3アベニュー奥田1F
良品買館 倉敷玉島店岡山県倉敷市玉島乙島7111-1
きくびし岡山県倉敷市福田町古新田264−23
着物かなみつ岡山県岡山市北区大供表町3-24-1
きもの屋 桂岡山県岡山市中区門田屋敷1丁目6-8

岡山県の織物&伝統工芸品

作州絣(さくしゅうがすり)

作州絣は岡山県津山市が産地の織物です。

歴史は古く、元は高級絹織物として盛んに織られていましたが、江戸時代になり綿が栽培されるとともに木綿織物が織られるようになり、絹・木綿両者平行して生産されるようになりました。

木綿織物は生地が丈夫なことから自家用として庶民にも広く普及しました。さらに明治時代になると倉吉絣の技術が加わり、絣織物として盛んに作られるようになりました。

自家用として普及した事もあり、他の地方から様々な衣料が入ってくるとともに次第に衰退し、ほとんど作られる事がなくなりました。

しかし、1951年に復興が行われ、伝統ある木綿絣が生き返り、最盛期には動力織、手織りを合わせて月産三万反を生産するまでになりました。この時初めて販売用として「作州絣」の名がつけられました。

伝統の技術を受け継ぎ、太目の木綿糸を使用して織り上げられた素朴な織物で、藍と白の織り成すシンプルな模様には懐かしい温もりがあります。

岡山県内の着物買取エリア

総社市/笠岡市/瀬戸内市/真庭市/赤磐市/高梁市/新見市/倉敷市/井原市/備前市/浅口市/玉野市/美作市/岡山市/津山市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です