宮崎で着物を高く売りたい人のための買取情報

宮崎で着物を高く売りたい人のための買取情報

宮崎で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、宮崎のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

宮崎の着物買取相場

宮崎神宮や青島神社をはじめ、宮崎には神話の国らしい観光スポットがいくつもあります。そして観光地ばかりでなく日本の古い街並みも多いことから、近年は、着物を着て町を散策する人も増えているようです。しかし残念なことに、宮崎での着物買取相場は低いと言わざるをえません。

実際、買取業者といっても着物専門ではなく、査定してもらえるのはリサイクルショップなど一般的な業者が中心。こうした業者の場合、買い取ってもその後の販路が限られているため、高値での着物買取はしないのが実状です。

最近のニュースによれば、宮崎県の人口は減少の一途をたどっており、中心地の宮崎市でさえ減少傾向にあるようです。今後も宮崎県内での着物需要が見込めないと思われますので、宮崎に眠る高級着物は、東京エリアなどできるだけ流通量の多い地域で査定してもらうのが得策と言えそうです。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

宮崎の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、宮崎県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名住所
リユースショップリバース
宮崎県宮崎市柳丸町11-1
買取りのカタヤマ宮崎県延岡市出北4丁目3195-1
買取コンビニ スマイル君宮崎県宮崎市大字恒久字横町5071-1
リサイクルショップ三喜 大工本店宮崎県宮崎市大工1丁目7-23
いちろく本店宮崎県宮崎市中村西2丁目10-23
月見のくら宮崎県宮崎市清水1丁目8-8-101
ビックリサイクル宮崎県宮崎市恒久908番地
おたから屋 橘通店宮崎県宮崎市橘通西三丁目10-24竹原第3ビル4階
キングファミリー 宮崎加納店宮崎県宮崎市清武町加納甲1733-6

宮崎の織物&伝統工芸品

薩摩絣(さつまがすり)

宮崎県都城市で生産される薩摩絣は、日本の綿織物の中でも最高の品質を誇る織物です。極細の糸で緻密に織られた布は絹のようにやわらかく、優しくぬくもりを感じる肌ざわりが特徴です。通常、紺色の無地を「今薩摩」、白地に紺の絣模様を「白薩摩」と呼び、主に着尺地用として用いられます。

さて薩摩絣といっても、もとをたどれば琉球王国で生まれた琉球絣。薩摩藩に侵略された際、琉球から租税として納められた琉球絣を、薩摩絣として売ったことでこの名前が付いたのだそうです。この薩摩絣と、女性のあこがれ大島紬。実は、綿織物と絹織物の違いだけで、布を織る工程はほとんど同じなんですよ。

綾の手紬(あやのてつむぎ)

綾の手紬は、宮崎県東諸県郡綾町が産地の絹織物です。古くから日本に伝わる伝統技法や素材を駆使した高級紬で、養蚕、糸取り、染め、織りの全行程を手作業で行います。

各工程に活かされた素材や技は、次のとおり。

①「小石丸」日本の絹の原種

②「天然灰汁の発酵建て技法による藍染め」(室町時代)

③「大和貝紫染め」高貴な色とされる古代紫

④「花織」糸を浮かせて模様を織る技法

伝統技術の宝庫ともいえる綾の手紬ですが、実は1966年に秋山眞和が設立した「綾の手紬染織工房」で生産をスタートした着物。染織としては珍しく歴史の浅い着物ですが、伝統技法をふんだんに用いた草木染めという点が評価され、すでに町の無形文化財に指定されています。

宮崎県内の着物買取エリア

小林市
都城市
えびの市
日南市
日向市
串間市
西都市
延岡市
宮崎市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です