宮城(仙台)で着物を高く売りたい人のための買取情報

宮城(仙台)で着物を高く売りたい人のための買取情報

宮城(仙台)で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、宮城(仙台)のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

宮城(仙台)の着物買取相場

宮城県内での着物の需要はそれほど高くありません。それは宮城県最大の都市である仙台でも同じで、着物の買取価格の相場は低いと言えます。

理由としては、県内に観光に訪れる旅行者にとっては何より、牛タンなどのグルメが注目を集めていることが挙げられます。

また、仙台で着物を着て観光したい人気の名所と言えば、五重の石塔・三重塔で知られる輪王寺、伊達政宗が埋葬されていることで有名な瑞鳳殿などがありますが、やはりご当地グルメの人気が根強く、着物を着て観光することはあまり需要が無いようです。

それでも宮城県に在住の方で着物を高く買い取ってほしいなら、ネット買取が便利です。なぜなら全国を対象とした査定なので、低い相場に左右されにくく、価値のある品なら高値での買取が期待出来るからです。

一例を挙げると、マルキ数の高い付け下げがあります。マルキの数字は着物の柄に関係していて、数字が高くなるほど着物の柄が細かくなり、高値がつきやすくなるでしょう。そして、付け下げはとても需要がある着物です。

紋をつければ訪問着として着ることも出来るため、クラス会や披露宴といったパーティーの席にも対応可能で、おまけに未婚・既婚を問いません。家に使っていないものがあれば、一度査定してもらうとよいでしょう。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

宮城(仙台)の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、宮城(仙台)県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名住所
アートリサイクルショップ
宮城県岩沼市末広1丁目2-11
マルミツ質店宮城県気仙沼市新田6-2
リサイクルショップ ポップ宮城県大崎市古川若葉町2丁目1-25
京や宮城県仙台市泉区泉中央1-13-6 赤間総業ビル1F
アクアン宮城県仙台市泉区泉中央1丁目13−6
ゆづりはサンモール店宮城県仙台市青葉区一番町2丁目7−3
たんす屋仙台店宮城県仙台市青葉区中央2-3-6 イオン仙台店3F
ながもち屋 藤崎 青葉通り別館1階宮城県仙台市青葉区一番町3-12-17
おたから屋 仙台店宮城県仙台市青葉区中央1丁目7-41日洋ビル3階

宮城(仙台)の織物&伝統工芸品

白石紙布(しろいししふ)・白石紙子(しろいしかみこ)

丈夫で長持ちするのが特徴の織物である白石紙布・白石紙子は宮城県白石市で生産されています。その丈夫さの理由は材料に白石市原産の和紙である白石和紙を用いていることにあります。

紙布はその丈夫さに加え肌触りも良く、木綿に匹敵する通気性を持つ反物で、その特徴ゆえに高級品の夏物としても人気があります。その製法は、和紙を裁断したものを糸のように織って布を作り、それを再び織って出来上がるというものです。

一方、紙子は主に冬の防寒着に用いられます。紙布とは違い、紙のまま着物に仕上げられるため、隙間が少なく保温性が高いことが理由です。

白石紙布・白石紙子が共に安定して生産されるようになったのは、昭和初期のことでした。佐藤忠太郎氏・遠藤忠雄氏に加え、片倉家の子孫、片倉信光氏が先頭に立ち失われた技術を復興しました。

江戸の中頃には、白石藩の家中武士を中心として生産され需要も多かったのですが、明治の初期に大政奉還と共に藩制が崩壊した影響で生産も減ってしまい、ついには完全に止まっていたのです。

その技術の始まりは白石藩第二代藩主の片倉重長公の頃と言われていますが、詳細は分かっていません。

精好仙台平(せいごうせんだいひら)

国の重要無形文化財に指定されている絹織物の精好仙台平は宮城県仙台市で生産されています。皇室・幕府へ献上される時代もあったという貴重なものですが、現在は僅かしか生産されていません。

袴地、ネクタイ、財布などに用いられていて、甲田綏郎氏がその技術を受け継いでいます。男子用袴地としてよく愛用されるのは、柔軟性と丈夫さを合わせ持つ特徴からです。更に特筆すべき点は座ったときの皺の出来にくさで、他の製品より圧倒的に優れています。

弥右衛門という別名で呼ばれていた時代もありました。弥右衛門という名は、御用織物師として発展に携わった西陣の職人である小松弥右衛門が由来です。その小松弥右衛門は仙台藩の第5代藩主である伊達吉村によって招かれました。

精好仙台平の起源を辿ると、伊達政宗公の奨励によって生産されたのが始まりと言われています。また、似た技術に精好平というものがあります。

精好平は、湿った緯糸をつち打ちして織った布のことで、植物染料による糸染め、糸の製錬技術、手織で投杼(打ち込みを強くするために筬に鉄の錘を付ける)を使って二度打ちして仕上げられます。

栗駒正藍染(くりこましょうあいぞめ)

栗駒正藍染は宮城県栗駒市に伝わる染物で、人工的な加熱を一切することなく、原始的な染色方法である冷染正藍染で染色するという技術です。

継承していた先代の故・千葉あやのさんの娘、千葉よしのさんによって唯一人受け継がれているこの技術もまた、国の重要無形文化財に指定されています。特殊な技術で主に夏にしか生産されませんでした。それは、気温が高い時期にしか染色が出来ないためです。

元々は冷染と呼ばれていましたが、厳密には冷やすという作業が無かったので異論もあり、昭和41年に正藍染と名を改めました。伊達藩の藍栽培の奨励が行われた江戸時代に生産が盛んになりましたが、その起源を遡ると奈良時代が始まりと言われています。

宮城(仙台)県内の着物買取エリア

日向市/小林市/宮崎市/串間市/日南市/えびの市/延岡市/西都市/都城市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です