岩手で着物を高く売りたい人のための買取情報

岩手で着物を高く売りたい人のための買取情報

岩手で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、岩手のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

岩手の着物買取相場

岩手県盛岡市で着物の買取を希望している方は、全国規模の着物買取を行っているネット買取業者に依頼するのが一番良い手段といえます。そうすれば、購入価格の10分の1くらい買取価格が付くでしょう。

なぜネットの買取業者への依頼をオススメするかというと、盛岡市内で買取を行っている業者は着物専門ではなく、その他のいろいろな中古品を扱っているリサイクルショップがほとんどだからです。

着物専門でないと、買取後の販売先が限られるので、高額買取はあまり期待できません。買い取ってもらうなら、迷わずネット業者へ査定を出してみましょう。

岩手県は、織物や染物で有名な地域です。特に盛岡市が産地の紫草の根を原料としている南部紫根染という染物や、紫根で染めた糸を織って作られた南部紬はよく知られています。

この南部紬は草木染め独特の色鮮やかさが特徴で人気がありますが、職人の数が減ってきてしまっているためそのぶん価値が高く、より高額査定されやすいものの1つです。

 

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

岩手の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、岩手県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名住所
共信社
岩手県盛岡市南大通1丁目11-4
エコ・ハウス岩手県盛岡市三本柳11地割15
岩手リサイクルセンター岩手県盛岡市向中野字細谷地125-4
コーエン総合特機株式会社岩手県盛岡市三ツ割4丁目5-24
きものリサイクルまるたけ 盛岡サンサ店岩手県盛岡市津志田西2丁目17−50
ながもち屋岩手県盛岡市菜園1丁目10−1
エコ・ハウス岩手県盛岡市三本柳11地割15
リサイクルブティックエフとぴあ店岩手県遠野市新穀町1−11
買取専門店東京相場 リサイクルショップ盛岡店岩手県盛岡市中央通2丁目8−9
おたから屋 盛岡夕顔瀬店岩手県盛岡市盛岡駅前北通7-10 1階

岩手の織物&伝統工芸品

岩手県の染物「南部紫根染」

紫色は高貴な色というイメージがありますが、その始まりは奈良時代にあります。当時は貴族などの位の高い人しか身に付けることが許されない貴重な色でした。

南部紫根染の歴史は古く、鎌倉時代には全国にその存在が知られていました。江戸時代に南部信直が盛岡を治めた頃から、質の高い自生の紫草の根をつかい、その土地独自で発達した染技法や素朴な絞りは国産として保護・奨励され、「南部染め」と呼ばれてきました。

その後、保護がなくなってしまったために職人が1人もいなくなってしまい、一時は技術の伝承もそこで途絶えてしまいます。しかし、1916年、岩手県の働きかけで、藤田謙を主任技師とした南部紫根染研究所を設置し、十数年かけて南部紫根染は見事復活しました。

南部紫根染研究所の紫根染は、平和記念東京博覧会で入賞し、岩手県出身の作家である宮沢賢治が「紫紺染について」という作品を出すほどですから、その復活は偉大なことだとわかります。

岩手県の織物「南部紬」

南部紬はもともとこの紫根染で作られた、岩手県岩泉町、花泉町が産地の織物です。

南部紫根染が江戸時代に保護・奨励されていたことはもちろん、幕府への献上品として用いられたこともあり、その名が知られるようになりました。

最初は紫草や茜草を用いて先染めされた糸を使った素朴な風合いが魅力の織物でした。

その原料の不足から白無地で売られることが増え、今ではクルミやキワダ、化学染料などを用いて染められ、販売されることがほとんどです。着物や帯を始め、アンサンブルなどの商品も売られていますが、職人の減少により、ほとんど生産されなくなってしまっています。

岩手県の染物「南部古代型染」

岩手県の有名な染物として、江戸、寛永の時代から伝わる南部古代型染も忘れてはいけないものの1つです。

盛岡藩主が京都の染師である蛭子屋三衛門を招いたのが始まりだと言われています。当時は武士の裃や小袖を始め、着物や小物など、様々なものに応用されています。

布地に直接糊置きし、染めていくのが特徴で、型彫り、染色、仕上げまでの全行程を一箇所で行なうことがほとんどです。

伝来した当初は伊勢の型紙を使って染めていましたが、徐々に独自の型紙が作られるようになりました。その独自の型紙は伊勢のものよりも大ぶりの模様で、花鳥風月を題材にした美しい柄が多く、南部地方の紋である向鶴や、蛭子屋縁の千羽千鳥紋、南部萩などがあります。

有名な染物や織物が多い岩手県。その魅力に合った価値を見出してくれる査定業者を見つけることが、着物を高額買取してもらうためには大切です。

岩手県内の着物買取エリア

宮古市/久慈市/花巻市/盛岡市/奥州市/北上市/釜石市/二戸市/遠野市/陸前高田市/滝沢市/一関市/大船渡市/八幡平市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です