石川で着物を高く売りたい人のための買取情報

石川で着物を高く売りたい人のための買取情報

石川で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、石川のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

石川の着物買取相場

金沢は加賀百万石といわれるほどに産業が発達し、豊かな文化を見せる町です。着物に関しても同様で、現在でも広い地域で織物の技術が受け継がれています。着物離れの影響は確かに見られますし、職人の数自体も少なくなってきていますが、一定の需要があることから高額での買取が期待できます。

目安としては、購入時の金額の1割で買い取ってもらえる可能性があります。もし着ることもなく物置に眠っている高額の着物があるようでしたら、売却を考えてみるのも悪くありませんよ。

金沢の着物の中でも、特に高い値段で取引されているのが加賀友禅と牛首紬になります。加賀友禅は金沢を代表する手描きの着物として、牛首紬は県の無形文化財にも指定されています。

もしほとんど使用していない状態で残っており、更に品質証明の証紙や伝統工芸品のマークも揃っていれば、高水準での買取が期待できます。

また加賀友禅の作家の中には、木村雨山、由水十久、百貫華峰といった人間国宝の方々もいらっしゃいます。このような作家の作品も高い値段で取引されていますので、証紙の有無を確認してみて下さい。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

石川の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、石川県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名 住所
ジャムルK
石川県小松市大領町ロ61
越田商店 石川県金沢市森山2丁目1-32
竜宮堂 石川県金沢市諸江町中丁247-1
骨董買取専科 石川県金沢市福久町ヲ119-1
なごみ 石川県河北郡内灘町字大根布1丁目34
盈月 石川県金沢市福増町北1287-1
石川買取サービス 石川県金沢市天神町1-4-47
金沢花友禅 石川県金沢市窪5丁目626
金沢夢桜 石川県金沢市長坂台1-38
ながもち屋 めいてつ・エムザ 8階 石川県金沢市武蔵町15−1
おたから屋 長崎町店 石川県小松市長崎町2丁目124ヴィラージュエスト101号室
キングファミリー 金沢野々市店 石川県野々市市堀内3-33

石川の織物&伝統工芸品

加賀友禅(かがゆうぜん)

石川県金沢市で作られている染物が加賀友禅になります。同じ友禅として京友禅もありますが、この2つは同じ流れから誕生しています。また加賀友禅の特徴として、季節による自然の変化を描いている点が挙げられます。

四季折々の草木を様々な色合いを使って描きだしていますが、過度な演出は避け、情緒の豊かさがテーマとなっています。そこが現代でも注目されているポイントになるでしょう。このような高いレベルでの染色に発達したのは、江戸時代中期のことです。

加賀友禅の染色技法が進歩した背景には、九谷焼(くたにやき)など加賀で以前から行われていた絹織物、染色といった工芸品の存在があります。

加賀の染色法は加賀御国染(かがおくにぞめ)と言われています。梅の樹皮を煮詰めたものを使う「梅染」、家紋の周囲を花で彩る「色絵紋」が加賀御国染が代表例です。加賀友禅の進歩の裏には、後に加賀へと身を移した宮崎友禅斎の存在があったとも言われています。

宮崎友禅斎は享年八十三歳、当時では長寿になります。墓も卯辰山竜国寺に存在することが判明しています。このような証拠も積み重なり、加賀友禅の裏に宮崎友禅斎の存在ありといわれているのです。

牛首紬(うしくびつむぎ)

石川県白峰村でつくられる着物が牛首紬(うしくびつむぎ)になります。県の無形文化財にも指定されており、玉繭から作った糸による、強度と張りが特徴となっています。

釘でも着物を破ることはできず、逆に釘を抜けるのでは思わせる強度から、「釘貫紬(くぎぬきつむぎ)」ともいわれています。ただ強度が高いというわけでもなく、張りもあるため、長身で細身の人が着るには最適とも思わせるほどです。

牛首紬の起こりは、逃げ抜いた源氏の子女が機織りの技法を広めたからといわれています。絹織物と認識されていることも少なくありませんが、本来は麻をメインに作られていました。絹の方が増えたのは明治の末になってからです。

玉繭から糸を紡いでいることも、牛首紬の特色です。玉繭とは2匹の蚕によってつくられる繭です。糸が均一の太さになりにくいため調整が必要になり、織物に使うには本来不適です。多くの場合は真綿にして使います。

ですが、牛首紬では釜を使って玉繭を煮ることで、時間をかけて直接糸にしていくのです。このような理由から、牛首紬の作成には高度な技術が必要になります。その分作り出された着物は、着物とは思えないほどの強度を誇り、独特の味を持っています。

能登上布(のとじょうふ)

石川県の能登、羽咋地方で作られている麻織物が能登上布です。能登上布の始まりは、崇神天皇の皇女だと伝えられています。彼女が天然の真麻を使って織物の技術を伝えたのです。

歴史的にも古く、かつては麻糸を東大寺に納品したという記載もあります。能登上布は、その薄さと軽さから「蝉の羽」とも呼ばれています。しっかりとした強度、良質な質感の他に、風通しや肌触りなどから、夏向けの着物になっています。

落ち着いた色彩と伝統的な絣模様を基調としており、気品を感じさせます。麻糸自体の歴史は古いのですが、江戸時代中頃までは「近江上布」の材料に使われていたこともあり、地域内では自家用に消費されている程度でした。

能登上布が本格的に進歩を見せたのは、1814年になります。近江から職人を呼び、織物の技法を学んだのです。藩からの後押しもあり、当時は「能登縮」「安倍屋縮」という言葉もありました。

明治時代には能登上布と知名度も上がり、昭和の始め頃までは盛況でした。しかし現代では衰退の傾向を見せています。櫛押し捺染(くしおしなっせん)、ロール捺染などの技法が県の文化財として指定されていることもあり、後身を育てようとする動きも活発化しています。

小松綸子(こまつりんず)

石川県小松市で作られている絹織物が小松綸子です。生糸で作った繻子織の生地を、裏組織で絵柄を作り上げたものを綸子(りんず)といいます。

小松綸子の特徴は、絹本来の持つ指触り、光沢だけではなく、糸の選び方次第で様々な絵柄を織り上げることができることです。高級な着尺物、帯地に使われています。品質の良さから加賀絹とも言われており、平安時代から朝廷、将軍へ献上されていたという歴史があります。

江戸時代では藩の後押しもあり、絹造会所が設けられました。これにより、絹、羽二重の生産に拍車が掛かります。小松綸子に機械が導入されたのは大正時代になってからです。これにより小松市周辺は、日本有数の綸子生産地となったのです。

石川県内の着物買取エリア

金沢市/能美市/珠洲市/加賀市/羽咋市/白山市/かほく市/七尾市/小松市/輪島市/野々市市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です