茨城で着物を高く売りたい人のための買取情報

茨城で着物を高く売りたい人のための買取情報

茨城で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、静岡のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

茨城の着物買取相場

静岡県は着物の需要が高く、比例して着物の買取相場も比較的高くなっています。

「伊豆の小京都」と呼ばれる、空海が開山した名刹「修善寺」や、徳川家康が在城した「浜松城」で知られる「浜松」など、日本の伝統ある町が多々あることで有名な静岡県。

そんな静岡県には、美しい街並みを見ようと全国各地、さらには世界各国から観光客が訪れます。また、「日本の着物を着て、伝統ある町並みを観光してみたい」 という方も多く見受けられます。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

茨城の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、茨城県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名住所
静岡着物買取市場
静岡県焼津市小土443
着物リサイクル忠右衛門静岡県浜松市中区 中央三丁目6-28
着物買取ちどり静岡県富士市青島町180
着物リサイクル 忠右衛門 佐鳴台店静岡県浜松市中区佐鳴台4丁目9−13
きもの今昔処わらじ静岡県伊豆の国市田京299−10
知久静岡県静岡市葵区鷹匠3丁目2−5
花ごろも静岡県富士市中島343−5
おたから屋 静岡沼津店静岡県沼津市北高島町6-25
キングファミリー 浜松入野店静岡県浜松市西区入野町826-1

茨城の織物&伝統工芸品

遠州木綿(えんしゅうもめん)

静岡県浜松市周辺(遠州地方)で作られている綿織物で、浜松地域のモノづくりの原点でありエネルギ―源になっています。

「泉州(大阪)」「三河(愛知)」と合わせて「日本三大綿織物生産地」として遠州は有名で、その根本となる歴史は江戸時代まで立ち返ります。

遠州木綿には日本の高温多湿な風土に合うように様々な工夫が施されており、使えば使うほど風合いや色合いが馴染んでくるのが特徴です。そのため長く着ることができ、普段着として昔の人々の生活に根付いていました。

そもそも各家庭で自分たちが着るために作られていた遠州木綿は、江戸の末期には浜松の女性企業家「小山みい」によって生産が事業化され、続いて織機の考案者「木俣くら」によって多く生産が行われるようになり、広く一般に知られるようになります。

その後、静岡県湖西市出身の「トヨタ」の創業者「豊田佐吉」の発明した自動織機によって、さらに大きく発展を遂げました。在では、遠州縞の伝統技術継承・商品化・ブランド化、人・町を元気にする「遠州縞プロジェクト」という活動が行われています。

また遠州木綿発祥の聖地とされる「初生衣(うぶぎぬ)神社」は、浜松市三ヶ日町にあり、名前の 通り織物の神様である「織姫」としてよく知られている「天棚機姫命(あめのたながたひめのみこと)」が祀られています。

織姫は、「天照大神(あまてらすおおみかみ)」が「天岩戸(あまのいわと)」から出てきた時に着た衣を織ったとして知られており、遠州木綿は伊勢神宮とも深い関わりをもっているのです。

掛川葛布(かけがわくずふ)

掛川葛布は静岡県掛川市で作られている、葛の繊維を織り上げた布の事をいいます。

ある時、掛川の西の山中にある滝の近くで、行者が滝水に打たれている葛蔓を見つけ、それが繊維として使えるのではないかと考え、信徒に葛の繊維を採る方法を教えたことに由来すると言われています。

実際にその存在が認識されたのは鎌倉時代からですが、すでに奈良時代の万葉集において葛布の事が詠まれています。当時は、蹴鞠(けまり)をする際に着用する奴袴(ぬばかま)として用いられていました。

江戸時代になると東海道の掛川宿の繁栄と共に葛布も栄え、掛川藩により葛布が保護・奨励されるようになりました。裃地(かもしみじ)や乗馬袴地、合羽地などで使用され、参勤交代のお土産など、主に武士の間で大変重用されていました。

こうして掛川葛布は掛川の特産品として一躍有名となりました。しかし、明治維新によって武士の時代が終わりを告げ生活様式が一変すると、掛川葛布は急速に衰退し、掛川葛布を扱う店々は、転業・廃業に追い込まれてしまいました。

しかし掛川葛布は自然をそのまま活かした風合いが特徴で、絹や麻とはまた違う光沢を持っていることが注目され、また人々に親しまれるようになりました。

颯々織(ざざんざおり)

颯々織は静岡県浜松市で作られている絹織物です。

「ざざんざ」という織物の名前は、足利義教が「颯々の松」の中で詠った「浜松の音はざざんざ…」という謡の一説から引用されています。

颯々織は甘撚りの玉糸と普通の絹糸を一緒に織り交ぜて紡ぐため、太さにムラができるのが特徴です。また、生地が厚くウールのようなざっくりした風合いや着れば着るほど体に馴染むことも大きな魅力の一つです。

また、植物染料で先染めされた糸を使い、平織りと綾織で織られています。今では主に着尺地、羽尺地、コート地、帯地などに多く用いられています。

茨城県内の着物買取エリア

御殿場市/島田市/下田市/菊川市/富士市/焼津市/伊東市/藤枝市/袋井市/伊豆の国市/伊豆市/静岡市/掛川市/富士宮市/熱海市/湖西市/磐田市/浜松市/裾野市牧之原市/御前崎市/三島市/沼津市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です