兵庫で着物を高く売りたい人のための買取情報

兵庫で着物を高く売りたい人のための買取情報

兵庫で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、兵庫のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

兵庫の着物買取相場

着物を買取に出そうと思ったら、地域によって差があることを覚えておくといいでしょう。そして全国から見ると、兵庫県での買取相場は低い傾向にあります。その理由は、着物の買取市場があまり展開されていないからです。

金銀プラチナやブランド物の買取を積極的に行っている店舗は多数ありますが、着物になると受付さえしてもらえないことがあります。そうなると兵庫県では着物を買取に出すにはどうすればいいのかと言えば、ネットでの買取を依頼するといいでしょう。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

兵庫の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、兵庫県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名 住所
関西古物定市場
兵庫県神戸市灘区烏帽子町2丁目3-12
古美術古々呂 兵庫県西宮市南郷町6-15-101
リサイクル宝島 兵庫県神戸市西区北別府3丁目1-3
古美術遊美 兵庫県西宮市菊谷町1-1-102
リサイクルきもの くろ〜ぜっと 兵庫県高砂市高砂町浜田町2-12-16
てんぷはうす 兵庫県神戸市灘区備後町2-1-12
五番街 兵庫県姫路市広畑区高浜町3丁目89
きもの萌着 兵庫県神戸市垂水区瑞ケ丘7−11
リサイクル着物買取専門いし井 兵庫県神戸市長田区長田町1丁目3−1
アンティック五番街 兵庫県姫路市広畑区高浜町3丁目89
Tokyo135°三宮ビブレ店 兵庫県神戸市中央区三宮1-5-26 三宮ビブレ3階
四季島 兵庫県姫路市駅前町27 テラッソ姫路2F
良品買館 尼崎潮江店 兵庫県尼崎市潮江1-22-1 アミング潮江ウエスト一番館1F

兵庫の織物&伝統工芸品

丹波布(たんばふ)

丹波布(たんばふ)は、兵庫県丹波市産まれの絹織物になります。元々は佐治木綿(さじもめん)、縞貫(しまぬき)という名称で親しまれてきましたが、柳宗悦(やなぎむねよし)という民芸運動家によって、「丹波布」という名前が日本工芸で紹介されました。

それ以来、丹波布として人々に認知されるようになったのです。丹波布の特徴は、木綿をこぶな草や栗の皮で草木染めをした糸と、絹の緯糸を使って織ります。また、絹糸のつむぎ糸を手織りにするスタイルは非常に珍しく、貴重な技法だと言えるでしょう。

そのため、大正に入ると技術は衰退していきましたが、丹波布伝承館が建てられたことで丹波布の技法を守ることに注目されています。丹波布は茶色と藍色をベースにした落ち着いた雰囲気の織物であり、格子柄や縞柄は人気が高いデザインとなっています。

丹波木綿(たんばもめん)

丹波木綿(たんばもめん)は、兵庫県丹波地方を産地とする織物です。丹波布は木綿と絹糸を使ったものでしたが、丹波木綿は綿だけで作られています。農家の女たちが自分たちの作業着にと作ったのが、丹波木綿の最初だったと伝わっています。

1700年の初頭、丹波地方には品質の良い綿がたくさん栽培されていました。このことから丹波木綿は生まれたと言われています。しかし、今では昔から伝わる丹波木綿の技術はなくなりつつあります。

そして1970年台になると、丹波木綿保存会が発足され、伝統技術を後に伝えようとする行動が盛んになるのです。そうしてこの活動をきっかけとして、1996年に丹波木綿は兵庫県伝統工芸品として認定されることになります。

兵庫県内の着物買取エリア

南あわじ市/神戸市/赤穂市/伊丹市/たつの市/豊岡市/芦屋市/加東市/加古川市/三田市/尼崎市/姫路市/西宮市/洲本市/加西市/淡路市/養父市/宍粟市/川西市宝塚市/相生市/明石市/篠山市/小野市/高砂市/朝来市/三木市/西脇市/丹波市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です