北海道(札幌市)で着物を高く売りたい人のための買取情報

北海道(札幌市)で着物を高く売りたい人のための買取情報

北海道(札幌市)で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、北海道(札幌市)のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

北海道(札幌市)の着物買取相場

札幌市の着物買取相場は、正直なところあまり高いとは言えません。着物買取専門店ではなく、リサイクルショップや呉服屋、雑貨店を中心に買取がおこなわれているためです。

このようなお店に売ると、販売ルートが自店舗内に限られてしまうため、需要があまりなく値段が上がらないのです。かといって預かりにすれば、5千円から好きな値段をつけることができますが、期間内に買手が現れなければ取引不成立です。これは効率も悪く、リスクも高い方法です。

そういった意味ではヤフオクなどネットオークションで個人相手に売ったほうがまだましといえるでしょう。しかし、いずれにしても、着物の知識に長けた専門の査定員ではないため、よい品でも安く引き取られてしまう可能性が高いのは同じです。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

北海道(札幌市)の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、北海道(札幌市)の着物買取店を厳選してみました。

店舗名住所
きものギャラリーふくし
北海道札幌市中央区北1条西2丁目
きも乃のいわや本郷通店北海道札幌市白石区本郷通9丁目南2−9
A-I Group39北海道旭川市大雪通6丁目502
青空リサイクル買取センター北海道札幌市豊平区水車町7丁目4−12
ハナプラスハナ北海道札幌市中央区南3条西4丁目
きもののきらくや北海道札幌市中央区北6条西11丁目25−2
古着屋王国 帯広南町北海道帯広市南町南8線68
きものリサイクルショップなか川北海道札幌市北区北29条西4丁目2−1
和服専門リサイクル市松北海道釧路町材木町1−7
たんす屋札幌店北海道札幌市中央区南4条西4丁目1ラフィラ4F
和服専門リサイクル市松北海道釧路町材木町1−7
ながもち屋 東急百貨店 札幌店 5階北海道札幌市中央区北4条西2-1
おたから屋 札幌中央店北海道札幌市中央区南二条西4丁目丸福ビル1階

北海道(札幌市)の織物&伝統工芸品

優佳良織(ゆうからおり)

優佳良織は北海道旭川市で生産されている織物です。優佳良織の歴史はまだ浅く、旭川市出身の染色作家 木内綾氏によって1960年代初期に考案されました。

素材は羊毛で、染色して紡いだのち、200色以上のもの色を使って織られます。多くの色を使って生み出される織物は、まるで油絵のようだとも言われます。着物のほかに、バッグ、ポーチ、財布など小物類も販売されています。

代表的なモチーフは「流氷」、「ナナカマド」、「摩周湖」、「さんごそう」、「ハマナス」など北海道の自然です。旭川市の北海道伝統美術工芸村の中に優佳良織工芸館があり、優佳良織の展示販売をおこなっています。はた織体験もできますので、訪れた際はチャレンジしてみるのもよいでしょう。

ちなみに「優佳良織」という文字ですが、当初はアイヌの叙事詩の総称である「ユーカラ」にちなんで「ユーカラ織」とされていたそうです。その後、棟方志功氏により「優佳良織」とされたそうです。

 厚司織(あつしおり)

「厚司織」はオヒョウなどの木の内皮の繊維をやわらかくほぐしたものを使用したアイヌ民族の織物です。産地は北海道沙流郡平取町です。

「アットゥシ」、「アッシ織」と呼ばれる場合もあります。アイヌ人の常用着で、刺繍で独特のアイヌの文様が施されているのが大きな特徴です。

晴れ着であっても華やかな色彩のものはありませんが、魔よけになるとされている文様がいれられていることが多いです。

やわらかく丈夫であることから、普段の衣類に用いられる以外に、火消し頭巾や放火服、前掛けなどにも利用されてきました。

アイヌ織物は、弥生時代から織具を使ってつくられていたとされていますが、記録として残っているのは17世紀頃からです。18世紀後半には本州にも多く出回るようになり、東北地方や北陸地方でも生産されるようになりました。

青森県の藍染木綿は、厚司織の影響を多く受けたものだと言われています。厚司織は現在でも伝統工芸品として作られています。

二風谷のアットゥシは北海道の工芸品でははじめて、経済産業大臣指定伝統的工芸品の指定を受けました。

北海道内の着物買取エリア

千歳市/釧路市/登別市/根室市/札幌市/函館市/砂川市/室蘭市/伊達市/苫小牧市/夕張市/美唄市/北広島市/赤平市/滝川市/名寄市/帯広市/歌志内市/小樽市/恵庭市/北斗市/稚内市/深川市/三笠市/岩見沢市/石狩市/富良野市/旭川市/江別市/網走市/留萌市/士別市/芦別市/紋別市/北見市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です