広島県で着物を高く売りたい人のための買取情報

広島県で着物を高く売りたい人のための買取情報

広島県で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、広島県のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

広島県の着物買取相場

広島での着物の買取り価格の相場は、他県と比べ特に高いわけでもないのですが、中古の着物を購入する人はあまりいないようです。

もし広島で着物を売って高額で買い取ってもらいたいのだとしたら、呉服店やリサイクルショップではなく、買取専門店に持っていくことをお勧めします。

呉服店やリサイクルショップでは、買い取った着物をその後レンタルショップに販売するための経費が掛かるので、その経費を見越して割安な価格で買い取られてしまうからです。

ちなみに広島の有名観光スポットといえば厳島神社が有名ですね。厳島神社を参拝する際にレンタル着物で観光を楽しむ人も多いそうです。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

広島県の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、広島県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名 住所
エルモール/広店リサイクルセンター 広島県呉市広中新開3丁目16-39
株式会社サークルワン商工センター店 広島県広島市西区商工センター2丁目14-6
サークルワン/八木店​ 広島県広島市安佐南区八木1丁目23-1
株式会社サークルワンフォレオ広島東店 広島県広島市東区温品1丁目3-2
株式会社カネモリ 広島県福山市伏見町4-4
広島リサイクルバンク 広島県広島市佐伯区千同2-13-29
リサイクルショップワンオアエイト 広島県広島市安佐南区山本1丁目9-6
リサイクルショップ スマイル&スマイル 広島県広島市中区宝町8-10

高額で買い取ってもらえる着物は

高額で買取りをしてもらいやすい着物は、加賀友禅になります。加賀友禅は、全国的にも有名な着物で、それに比例して需要も多くあります。そのため、高額で買い取ってくれやすいのです。

また加賀友禅は、その着物に施された技術にも注目が集まっています。臙脂・古代紫・黄土・草藍・藍などの鮮やかな5つの色を軸にしており、「虫喰い」や「外ぼかし」などの職人技も使われているので、生地自体にも非常に価値がある着物なのです。

広島県の織物&伝統工芸品

備後絣(びんごかずり)

久留米絣や伊予絣と共に、日本三大絣と名高いものが備後絣(びんごかずり)です。備後絣は、藍色の生地にしっかりと入った絣模様が特徴です。この備後絣はもともと井桁模様を発端としたそうです。

備後絣とは1853年に富田九三郎によって考案された木綿織物のことです。広島県福山市や新市町で生産されています。

これらの地域では昔から綿の栽培が盛んで、栽培された綿を使用して太糸縞という縞木棉が織られていました。

しかし、水野勝成による綿花栽培の斡旋に後押しをされる形で、現在では綿の一大産地として有名になりました。ちなみに水野勝成は、今の福山市に相当する備後福山藩の初代藩主です。

そして、備後絣が初めて作られた1853年には、「文久絣」の呼び方で通っており、「備後絣」とはまだ呼ばれていませんでした。備後絣の名が浸透したのは、明治期に備後絣が全国各地に出荷されるようになってからです。

備後絣はその後全国的に有名になり、1900年代の半ばには需要がピークになりました。その時期には、日本国内での絣の生産の70%を独占するほど大盛況でした。

広島県内の着物買取エリア

江田島市/安芸高田市/三原市/庄原市/三次市/府中市/呉市/大竹市/竹原市/福山市/東広島市/尾道市/廿日市市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です