群馬県で着物を高く売りたい人のための買取情報

群馬県で着物を高く売りたい人のための買取情報

群馬県で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、群馬県のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

群馬県の着物買取相場

関東の中でも群馬は買取相場が低いです。歴史的な由緒ある景色が建ち並ぶ両毛地域には、 群馬の北東部だけでなく栃木の南西部も含みます。

豊富な緑溢れる自然と、その自然に育まれた材料で作る絶品の料理でも有名な地域です。歴史的な街並みを観光するのに、着物を着て歩く人々は多いですが、着物を群馬で購入するという人は意外にも少ないです。

その理由として、着物レンタルが流行っていることも関係しています。購入の需要が少ないため、買取り店側もなかなか高値を付けられないということになります。

群馬県で高値が付いている着物は、なんといっても由水十久による着物作品です。

由水十久は加賀友禅の代表作家で、美しい草花の写実画に囲まれた風情のある人物画は希少なものとして取引されています。これは由水十久がよく用いるデザインでもあります。

由水十久の作品を証明出来る証紙が残っていれば、訪問着などでも高値で買い取ってもらえる可能性が高いです。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

群馬県の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、群馬県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名 住所
きものリサイクルセンター 無二
群馬県前橋市荒牧町4-21-1
きものや シモン 群馬県前橋市江田町351-1
骨董 辰吉 群馬県桐生市新宿2-9-36
たんす屋 群馬県高崎市連雀町7 エンザビル1F
おたから屋 伊勢崎連取店 群馬県伊勢崎市連取町1254-4大竹店舗C棟
おたから屋 前橋店 群馬県前橋市川原町1-21-2
おたから屋 高崎高関店 群馬県高崎市高関町450-3佐藤貸店舗3号室
おたから屋 渋川店 群馬県渋川市渋川1693番地11かめやビル1階A号室
おたから屋 群馬太田店 群馬県太田市新井町213-1ノルデンビル102号
おたから屋 前橋下細井店 群馬県前橋市下細井町138-9
おたから屋 問屋町駅貝沢口店 群馬県高崎市貝沢町966-3
キングファミリー 伊勢崎今泉店 群馬県伊勢崎市今泉町1-1200
キングファミリー 太田店 群馬県太田市内ヶ島町916

群馬県の織物&伝統工芸品

伊勢崎絣(いせさきかすり)

太織で作られた絹織物です。太織というのは養蚕が盛んな伊勢崎地方では古くから利用されている手法です。

絹を生産する過程で余った残り物のから引いたくず繭などを生糸として用いたものが太織です。太織の特徴として、コストが安く済む上に丈夫で長持ちすることが挙げられます。

これは、捺染(なっせん)、板締(いたじめ)絣、括(くく)り絣といった伊勢崎市伝統の加工技術があるからこそ可能な特徴です。

元々は自家用として利用されていましたが、このような特徴があるため、だんだん庶民に親しまれるようになり商品化されました。

明治時代には銘仙と称されるほどの人気を得ました。これは、学習院など有名校の学校着に伊勢崎絣が採用されたことが大きいです。更に、生産するのに機械化が取り入れられ生産量が増えたことも要因の一つです。

昭和30年にはかなりの数が生産され、その数は年間で300万反ほどという大きな需要でした。しかし、その10年前には空襲により機屋が壊滅するという惨事にも見まわれました。

災難に会いながらも根強い技術に支えられ、国の伝統工芸品に指定されるまでになった伊勢崎絣の名称は全国にまで知られるようになりました。伝統工芸士によって、今もその技術は守られています。

中野絣(なかのがすり)

現在ではあまり生産されていない貴重な木綿織物です。最も名を知られている白絣をはじめとした木綿織物は質が高く、「西の大和、東の中野」と讃えられています。

同じく木綿織物であるうずら織から派生していて、鎌倉時代の館林織物が源流と言われています。館林が織物の産地として有名になったのは、格子柄を基調とした袴地や、清呉織と呼ばれる縞が江戸で流行ったのがきっかけでした。

糸入格子縞の入った絣は中野絣と呼ばれるようになり、結城木綿は館林縞と呼ばれるようになりました。これらの呼び方は邑楽郡を中心に広がっていきました。

明治時代にはそれまで無かった絹織物の生産も始まりましたが、大正時代には需要の全盛期を迎えました。

桐生織(きりゅうおり)

「西の西陣・東の桐生」と称されるほど、桐生産の織物には歴史があります。しかし桐生織というブランド名が出来たのは現代になってからで、 2006年のことでした。

この年の4月に改正商標法が施行され、伝統のある技術を用い生産される織物がより注目されるようになりました。

有名女優の 桃井かおりやチャン・ツィイーが作品の中で着ている衣装の丸帯に用いられたこともあります。

桐生産の織物が全国の人々に多く知られるようになったのは、徳川家康が関ヶ原の合戦で桐生の白絹(しらぎぬ)の旗を使用したことがきっかけでした。起源を辿ると、奈良時代に編み出されたと言われています。

もう一つ、 桐生織の発祥には、有名な「白滝姫伝説」が関係していると伝えられています。桓武天皇が治めていた時代、京都のある宮廷に白滝姫という美しい姫がおりました。

ある宮仕えの男が白滝姫に恋をし、姫との身分の違いに苦悩しながらも和歌の才能を天皇に認められました。

ついに上野国山田郡(こうづけのくにやまだごおり)すなわち現在の群馬県に白滝姫を連れ帰ることに成功した男は、白滝姫とともに幸せに暮らしたと言われています。

桐生織の発祥は、白滝姫が持っていた絹織物の技術がこのとき桐生の人々に伝えられたのが始まりと言われています。

桐生の特産品には、仁田山紬という絹織物もあります。これは、 桐生市川内の山を見た白滝姫が、故郷の山々を懐かしんで感動したことから、この地域が仁田山と呼ばれるようになったことに由来します。

白滝姫が機織神として祀られている神社は、現在も桐生市川内町にあります。桐生織にも技術が受け継がれている、糸錦(いとにしき)や金襴緞子(きんらんどんす)といった高級織物を幕府の支援によって生産出来るようになったのは 19世紀前半のことです。

桐生織にはこのような歴史がありますが、時代とともに需要も変化し、最盛期に比べて生産量は減っています。

群馬県内着物買取エリア

渋川市/みどり市/太田市/館林市/富岡市/安中市/高崎市/沼田市/伊勢崎市/桐生市/藤岡市/前橋市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です