岐阜県で着物を高く売りたい人のための買取情報

岐阜県で着物を高く売りたい人のための買取情報

岐阜県で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、岐阜県のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

岐阜県の着物買取相場

岐阜で着物買取した場合、一般に比べ買取価格は低めです。

岐阜は山あり川ありの自然豊かな土地で、江戸時代から続く格子戸、日本家屋は歴史の風情に満ちており、特に川原町は良く知られています。このため着物を着て散策を楽しむ人が近年増えている人気のスポットなのです。

ですが観光客の着物はレンタルが主流です。着物を購入する人は多くはありません。着物購入の需要が低ければ、着物買い取り価格が低くなるのは当然です。ですから岐阜での買い取り査定額は比較的低いのです。

高額査定してもらえる着物は袷、帯、長襦袢の3点セットが揃った振袖です。さらに未使用ならば5万円以上の高額査定が期待できます。もし中古でも状態の良いものなら1万円前後が相場です。

 

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

岐阜県の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、岐阜県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名住所
買取ウスイ商会
岐阜県大垣市竹島町1
有限会社毛利質店岐阜県岐阜市雲雀町1丁目6
パウンドショップガッツ岐阜県多治見市喜多町5丁目99
ファミリーリサイクルのお店スマイル岐阜県岐阜市上川手336
有限会社ことぶき質店岐阜県大垣市藤江町5丁目63-7
お福・リサイクル着物岐阜県岐阜市島栄町1丁目16−1
藤井商店岐阜県羽島市福寿町平方1丁目23
こけもも岐阜県大垣市築捨町2丁目
ことぶき岐阜県大垣市5丁目63−7
イワタ質店岐阜県羽島郡岐南町八剣北6丁目75
渡辺質店岐阜県岐阜市東栄町2-14
椿庵岐阜県岐阜市日ノ出町2丁目8

岐阜県の織物&伝統工芸品

郡上紬(ぐじょうつむぎ)

岐阜県の八幡地方の織物といえば、郡上紬(ぐじょうつむぎ)と郡上紬です。経糸に節糸の玉繭を使用し、緯糸は春繭から採った本真綿の手紡ぎ糸を使用していること、また、すべての工程が手織りということが特徴です。

郡上紬、郡上紬は独特のあたたかみを持ちます。そして着るほどに馴染むと言われます。もともと、「郡上織」としてそれぞれの家で織る物でしたが、一時期、途絶えてしまったことがあります。それを、人間国宝としても知られる宗廣力三氏が新たな技法で復活させたのです。

特に「どぼんこ染」によるボカシは、草木染が醸し出す素朴な色合いと光沢とあいまって、とても美しいです。どぼんこ染とは糸の繊維が染料を吸う性質を利用した染め方です。染料液のなかに垂直に糸を入れ、それを引き上げたり下したり、あるいは染料の量を変えることで美しいボカシが生まれます。

高山憲法染小紋(たかやまけんぽうぞめこもん)

高山憲法染小紋とは、岐阜県の高山市が産地の染物として知られます。薄く茶がかった黒染が特徴で、これには松煙墨を使用しています。

宮本武蔵に詳しい方なら「吉岡一門」をご存じの方もいらっしゃるでしょう。高山憲法染小紋は、この「吉岡一門」の吉岡憲法が広めたとされるので、憲法染、憲法黒と呼ばれるのです。

もともと吉岡一門は、足利家、次に豊臣秀吉に仕えていました。このため徳川家康の代には仕えることを拒み、剣術を捨て染色を生業としたと言われています。

ただし、京都で衰退した憲法染めがルーツであるという説、中国の明からきた李三官によってもたらされたという説など、諸説あります。残念ながら、現在では憲法染の技術は失われてしまいました。

岐阜県内の着物買取エリア

中津川市/美濃市/恵那市/各務原市/関市/大垣市/美濃加茂市//海津市/瑞浪市/多治見市/瑞穂市/飛騨市/土岐市/郡上市/下呂市/羽島市/高山市/可児市/本巣市/山県市/岐阜市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です