中古の振袖を高く売るポイントと買取相場を徹底解説

中古の振袖を高く売るポイントと買取相場を徹底解説

結婚式、成人式で着られる衣装と言えば振袖(ふりそで)が有名です。

振袖は花嫁衣装だけでなく参列者にも着られる機会もあり、大変需要が大きい衣装でもあります。

そんな振袖ですが、大切な思い出がたくさん詰まった衣装なので式で着て以来、タンスに眠ったままの方も意外と多いのではないでしょうか?

今回は振袖の種類、その振袖を高く買い取ってもらうポイントやその相場、その他の活用の仕方をご紹介していきます。

振袖とは

最初に、振袖とはどういう着物のことかと言うと、袖に「振り」を作られた着物のことを指します。この「振り」は身頃と袖との縫いつけ部分を減らして作られます。

主に若い女性の礼装で、格式としては現代で言う黒留袖や色留袖、訪問着などと同等です。なお、振袖はサイズによっても格式が違います。

大振袖(袖丈114cm前後)

一番高い格式の振袖で、本振袖とも呼ばれます。結婚式に着る花嫁衣裳や成人式の時に着る振袖に始まり、未婚女性の第一礼装とされています。

なんといっても114cm前後の袖丈が特徴ですが、気品の中に溢れる艶っぽさと凛とした美しさを兼ね備えた長い袖丈は、最高の格式と讃えられる所以です。

色無地から大胆な模様があしらわれたものまで、多様なデザインがあります。正式には五つ紋という5つの家紋を掲げますが、現代では省かれることも多いようです。

中振袖(袖丈100cm前後)

袖丈が100cm前後でふくらはぎあたりまでの長さの振袖を指します。成人式の晴れ舞台でもよく見かける振袖です。また、招待された結婚式などで振袖を着る場合もこの中振袖が選ばれます。

小振袖(袖丈85cm前後)

着るとちょうど袖が膝までぐらいの長さになる二尺三寸ほどの振袖です。オーダーメイドで仕立ててもらうことが多く、自分のサイズに合った振袖が着られます。

袖が小さく大振袖などのように邪魔にならないので、お茶会やちょっとしたお出かけにも気軽に着て出かけられます。動きに不自由さを感じずに振袖を楽しめるでしょう。卒業式などに着る振袖も、この小振袖が適していると言えます。

振袖の平均的な買取相場

次に振袖の買取相場です。多くの着物の中でも振袖は、最高クラスの買取相場で取引が行われています。

まず振袖一色の販売価格は、高級品だと100万円以上、一般的なもので20万円〜30万円、安いものが5万円ほど、というのが一般的な相場です。そして販売価格のおよそ10分の1程度が振袖の買取相場となっています。

高級な振袖 …100,000円以上
一般的な振袖 … 20,000円から30,000円
比較的安い振袖 …5,000円ほど

100,000円以上で買取が行われている振袖は、有名作家が制作した振袖や有名老舗呉服店の振袖などブランドによる付加価値によるものが大きいです。

逆に、原料が正絹など高級なものでも付加価値が付かなければ5,000円ほどの買取になるでしょう。安物だとかなり良い状態のものでも5,000円、少し悪いものだと1,000円から3,000円ほどが相場です。これに付け加え、保存状態など他の要因によっても振袖の買取額は大きく上下してきます。

ちなみに、成人式や結婚式など未婚女性が正式な場で着る礼装を中古で購入するのは馴染みが無い人もいるかもしれませんが、リサイクル自体に抵抗のあまり無い若年層の需要は比較的大きいようです。

振袖を高く買い取ってもらうポイント5つ

1、保管状態良好なもの

保管状態が良好で年数としては購入後10年以内のものは良い査定をしてもらいやすいです。逆に、どんな貴重な振袖でも保管状態が悪いとガクッと査定額は下がります。

これから購入する予定の着物や、今はまだ売却するつもりのない着物についても、いつか査定してもらうことに備えて、日頃から保管状態を気にかけておくとよいでしょう。

2、有名作家によるものや伝統工芸品の振袖

久保田一竹さんや羽田登喜男さんといった有名な作家さんによって作られた着物や、芭蕉布、加賀友禅、宮古上布をはじめとした伝統工芸品の着物は、上記の着物買取相場価格より数段上の価格で買取りされています。

現代では非常に希少価値が高く、市場でも高値で取引されている着物です。有名作家によるものや伝統工芸品の振袖が家のどこかでにしまわれているのであれば、貴重なお宝になります。ただし、これらの希少価値が高い着物の買取には、本物のブランドである証明が必ず必要になりますので、注意が必要です。

3、証紙の有無

証紙とは着物のブランドや産地などを証明するもの、つまり証明書です。

上記の有名な作家の手によって手がけられたり伝統工芸品である高級ブランドの振袖は、証紙が有るか無いかで、買取価格にかなり大きく差が出ます。つまり高額査定には欠かせないものとなるので、査定の際には証紙が一緒に付けられればベストです。

4、仕立て直しができるサイズのもの

主に身丈160センチ以上、裄丈65センチ以上のサイズのもので、M~Lサイズに当てはまります。このサイズの着物の買取相場が高い理由は、仕立て直すことなくそのままのサイズで多くの人に着てもらうことが出来るからです。

つまり、小さいサイズの着物を大きくすることは出来ませんが、大きめのサイズの着物であれば仕立て直しで小さくすることも出来るということになります。この点からも着物の買取相場は大きめのサイズの着物の方が高めになります。

5、周りの付属品もセットで査定してもらう

振袖を買取してもらう場合には、振袖とセットの長襦袢や帯などの付属品も一緒に査定してもらえば買取額がアップする場合が多いです。

振袖用の長襦袢

長襦袢とは着物を着るときにその下に着るもので、男性がスーツを着る下にワイシャツとネクタイを身に着けるのと同じような立ち位置です。

ワイシャツとネクタイと同じく、半襟をつけた襟元と袖から少し見えるのがポイントです。振袖とはセットで考えられるものなので、一緒に査定してもらえば査定額も高額になります。

振袖用の帯

着物に帯は付き物ですが、振袖用の帯は袋帯と呼ばれます。振袖用に付いている袋帯は、振袖に合わせて金糸や銀糸を使われた豪華な柄のものが多く、また、若い人に似合うようなデザインになっています。

袋帯は訪問着などの時にも締められますが、その豪華すぎる柄のため似合わない場合も多いです。

したがって、振袖とセットで買取してもらった方が査定額も高くなりお得です。振袖単品で売るより買取額も高くなるでしょう。

バッグ、草履などの小物

振袖用のバッグや草履などの小物類も同じで、絢爛な柄や派手なものが多いです。

やはり振袖以外には似合わないものも多いので、振袖と一緒に査定してもらいましょう。単品で売るよりも買取額にプラスされます。

その他振袖を活用する方法

買取に出す以外にも振袖を活用する方法はあります。いくつかご紹介します。

娘に渡すまで保存しておく

現代ではあまり馴染みが無いかもしれませんが、昔は振袖を大切に取っておいて代々受け継ぐというのがあたりまえでした。

その名残もあり、今でも親の振袖を受け継いだり、娘が式で必要になった時のために家のタンスにしまっておくという人もいます。

ここで注意が必要なのは保存の仕方で、長年保存するならシミや虫食いなどでせっかくの振袖が台無しにならないように配慮しなければなりません。

知り合いに譲る

サイズがかけ離れていなければ、これから成人式を迎える妹や従兄弟、知り合いなどに譲るのもよいでしょう。

渡す知り合いより大きめのサイズなら、寸法直しもし易くちょうどよいサイズにすることが出来ます。

特に身長が10センチ以上低い人に振袖を譲るときは、必ず寸法直しをしましょう。袖が長すぎると足で踏んでしまい転ぶので危険です。

ドレスやコート、小物としてリメイクする

思い切って振袖を別のものにリメイクする方法もあります。洋服だとドレスやコートにリメイクすることが出来ます。

とはいえ素人が自分で直すのは大変なので、着物リメイクを手掛けているお店を探してみましょう。ワンピースやツーピースに仕立て直してもらうと意外にしっくり来るかもしれません。

洋服以外だと、バッグ、帽子、日傘、クッション、ハンカチなどの小物を作るのも楽しいでしょう。自作するなら、振袖の生地を使ったブックカバーやスマホケース、小物入れくらいが無難です。

訪問着に仕立て直す

振袖は成人式などお祝いの席で着る着物です。そのためデザインは豪華さなどを一番に考えて作られているので、普段も着るのは身体が疲れます。

しかし着物を楽しんでいる人やもう少しちゃんと着たいと思った人は、訪問着に仕立て直して普段から外出用として着ているのです。和裁業者、呉服屋、悉皆屋(しっかいや)などに頼めば、訪問着として立派に仕立て直してくれるでしょう。

ただし振袖は派手な柄も多いため、違和感無く訪問着に仕立て直せるものは、実はそれほど多くありません。周囲の人の客観的な意見も聞いてみてから仕立て直すかどうかを決めてください。

眠ったままの振袖には思い切って別の道を

振袖に限らず大切な思い出が詰まっているものは、なかなか処分出来ないものです。

かといっていつまでも着ない振袖をほったらかしておくのは振袖がかわいそうですよね。

もし使い道がわからない振袖が周りで眠っているなら、思い切って別の道を歩ませてあげてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です