福島で着物を高く売りたい人のための買取情報

福島で着物を高く売りたい人のための買取情報

静岡で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、静岡のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

福島の着物買取相場

着物の買取価格は、未使用の状態に近いほど高くなります。福島県の着物については購入価格の5分の1程度の価格がつくと見込んでおくと良いでしょう。

査定に出す際は、着物の状態やサイズを確認することはもちろんのこと、伝統工芸品などであれば証紙をしっかりと準備しておくことが大切です。

呉服屋で購入したような高級着物は高額査定されやすいと言えます。銀座きしや、銀座ちた和だけでなく、その他の老舗呉服店や有名呉服店で購入した着物は、店名の入ったレシートや畳紙をきちんと保管しておくと、買取の際に役に立ちます。

呉服店で購入したことを証明できれば、高額買取を期待できるでしょう。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

福島の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、石川県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名 住所
リサイクル着物・きなり
福島県郡山市中町11-5
おたから屋 いわき平店 福島県いわき市平上荒川字長尾41-8
おたから屋 福島笹谷店 福島県福島市笹谷字片目清水30-7
おたから屋 郡山安積店 福島県郡山市安積町日出山1丁目145 1階
たんす屋福島店たちばな 福島県福島市栄町11-25 アックス2F
たんす屋郡山店 福島県郡山市中町13-1 うすい百貨店7F

福島の織物&伝統工芸品

会津木綿(あいづもめん)

福島県の会津地方の織物である会津木綿は、一般的な木綿平織物に比べて縮みにくく、厚みがあり堅牢でふっくらとしているのが特徴です。

経糸を小麦のデンプンで糊付けしたあとに横糸を織り込んでいくので、経糸と横糸の間に細かい空気の層ができ、保温性に優れ汗をよく吸います。その性質から、昔は野良着の素材としてよく使われていました。

現在は赤や緑など、様々な色の縞柄がありますが、元々は紺色に白の縞柄というシンプルなものでした。

会津地方は古くから綿花の栽培が盛んでした。それは、1500年代後半に蒲生氏郷による産業振興策において、綿花の栽培が奨励されていたことによります。

会津藩の藩主であった加賀義明は、以前治めていた伊予国の松山から有名な織師を呼び、その技術を広めたことが会津木綿の始まりとなりました。伊予国の織物でいう「伊予縞」と呼ばれる縞模様が、会津木綿の縞模様のベースとなったと言えます。

白虎隊や野口英世が着用してたと言われるほどに魅力的で人気の高かった会津木綿は、藩の保護政策として藩士の妻女の内職、また、妻女の大切な収入源として広まっていきました。

ただし、時代の流れとともに生産量は激減し、現在では会津若松市日吉町の原山織物工場と、会津若松市七日町の山田木綿織元の2社のみでの製造となっています。今では貴重な織物と言えるでしょう。

会津からむし織(あいづからむしおり)

昭和村で採れるからむしを原料に織られる会津からむし織も、福島県の有名な織物のひとつです。

からむしは別名青苧と呼ばれ、昭和村では室町時代からすでにその栽培が行われていました。青苧は、越後上布や小千谷上布、宮古上布など、上布でも特に有名なものに使われています。

栽培が始まった頃は織物の生産はほとんどされず、栽培中心でしたが、昭和の後期頃からはからむしを原材料にした織物が始まり、これが会津からむし織となったのです。

昭和村ではその技術を伝承するための「織姫制度」を導入しています。1年間村で過ごしながらその技術を学ぶ制度で、からむし織を後世に伝え、守っていくためにとても大切なものとなっています。

このように、地域をあげてその地域特有の織物を守っていく取り組みが各地でされています。

福島県内の着物買取エリア

須賀川市/会津若松市/二本松市/本宮市/白河市/南相馬市/いわき市/福島市/郡山市/喜多方市/伊達市/田村市/相馬市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です