福岡県で着物を高く売りたい人のための買取情報

福岡県で着物を高く売りたい人のための買取情報

福岡県で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、福岡県のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

福岡県の着物買取相場

政令指定都市の中でも人口第5位の福岡市を有する福岡県の着物買取相場は、東京、大阪、京都と同様に比較的高くなっています。

福岡はその人口の増加に加え、その立地条件から近隣アジア諸国からの観光客も多く、着物への関心の高い地域でもあります。

また、冠婚葬祭や旅行など、特別な時にだけ着るものではなく、普段着として着用する人も増えてきています。これらのことから、着物買取市場としての福岡は、今後ますます需要の見込める活気に満ち溢れた地域と言えるでしょう。

福岡で高額買取される着物は、重要無形文化財である久留米絣です。久留米絣は久留米市およびその周辺で生産されていて、備後絣・伊予絣と並び三大絣と称されています。

手括り、天然藍染、手織りの厳しい検査を受けた久留米絣は、重要無形文化財としての証をうけたとても貴重な品ですから、高値で取引されることは間違いありません。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

福岡県の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、福岡県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名住所
きもの専門 リサイクル処 和らく
福岡県福岡市中央区渡辺通1丁目1−1 サンセルコショッピングセンター1F・3F
阿部質舗福岡市博多区住吉5丁目19-3安部ビル1F
リサイクル着物 時代屋福岡県福津市宮司元町2-8
わそう時代屋福岡県福岡市東区二又瀬12-2 セントラルビル1F
仕立てあがり着物専門店 和服屋福岡県久留米市御井町1683
きものリサイクルショップ いちご屋福岡市早良区西新4-7-10西川ビル2F
質みよし福岡県飯塚市本町5-11
大田質屋福岡県田川市日の出町6-18
下川質店福岡県飯塚市宮町2-13
たんす屋福岡県福岡市博多区博多駅中央街1番1号 博多阪急8F

福岡県の織物&伝統工芸品

 博多織(はかたおり)

「博多織」は福岡県福岡市の主に博多地区で生産されている絹織物のことです。

博多織のなかでも上質なものは、独鈷(どっこ)と華皿(はなさら)をモチーフにしたもので、江戸時代、筑前福岡藩の初代藩主黒田長政が、毎年幕府に献上したことから「献上博多」と呼ばれてるようになりました。

献上博多以外にも、縞や紋織りの帯や夏のおしゃれ着に使われる紗献上帯などがあります。鎌倉時代、博多商人満田弥三右衛門が宋の時代の中国より持ち帰った、織物技術が博多織の始まりだといわれています。

密の細い経糸(たていと)に太い緯糸(よこいと)を強く打ち込んで、経糸を浮き上がらせて柄を織り出させた硬い織りが特徴で、帯に適しています。特に絹なりのする博多帯は、しなやかでしゃきっとしていて人気があります。

現代は「HAKATA JAPAN」の商標で博多織を使った洋服やバッグなどがつくられているほか、NPO法人「博多織技能開発養成学校」が設立され、伝統技術の継承がおこなわれています。

久留米絣(くるめがすり)

「久留米絣」は、福岡県久留米市およびその周辺で生産されている綿織物のことです。備後絣・伊予絣と並び三大絣のひとつとされています。

「絣の王」とも呼ばれる久留米絣は経糸にも緯糸にも絣を用いるため、非常に丈夫にできていています。戦前には学生たちにも広く好まれ着用されていました。

久留米絣のもうひとつの特徴は、その素朴な風合いと深い藍色、はっきりとした柄です。絣を織り上げるまでには図案作り、括り、染め、織りなど実に30もの工程があり、非常に高度な技術を要します。

藍染の主染料である「すくも」は大変デリケートなもので、慎重に扱わなければ久留米絣のあの美しい藍色は出ないと言われています。例えば、温度が下がるとよい色が出なくなるため、職人は昼夜を問わず「すくも」の温度を一定に保たなければなりません。

霜降りる肌寒い朝、さらに冷え込む深夜、微妙な温度変化を敏感に感じ取り、その都度かける藁の量を調整していました。これほど手間をかけなければ良いものはできないのです。

これらの技術発展は江戸時代の質素倹約令を背景に、木綿織の着物が奨励されたこととも深い関係がありました。久留米絣は1956年に重要無形文化財に、1976年には通商産業大臣により、伝統工芸品に指定されています。

久留米絣の認定条件は、1.手括りによる絣糸を使用すること、2.純正天然藍で染めること、3.なげひの手織り織機で織ることの3つです。この方法で作られ検査に合格したものにだけ、重要無形文化財 久留米絣の証紙が貼られます。

小倉織(こくらおり)

「小倉織り」とは福島県北九州市で生産されている棉織物のことです。

元は豊前小倉藩の特産物でしたが、昭和初期に一旦途絶え、その後、昭和59年(1984年)に染織家 築城則子氏の手により復活を遂げました。

小倉織りの特徴は、他の布地と比べて厚手で非常に強度が強いところです。それは、きわめて良質な生綿から紡いだ「小糸」をさらに数本ねじりあわせて作られた丈夫な糸から、織られるためです。

水につつけると強度が増し、引き締まったかつ、なめらかな光沢のある布地になります。強くて美しい小倉織りは武士の袴や帯などに用いられました。徳川幕府に献上され徳川家康が羽織として着用していたという記録も残っています。

明治時代には男子の学生服に用いられ、全国に知れ渡るようになりました。経糸を多用することによって得られる立体感あふれる縦縞もまた小倉織りの魅力です。現代はこの縦縞を生かして着物以外にも、トートバッグやスリング、インテリアなど幅広く応用されています。

福岡県内の着物買取エリア

嘉麻市/筑後市/中間市/うきは市/直方市/北九州市/糸島市/みやま市/筑紫野市/春日市/八女市/小郡市/飯塚市/豊前市/久留米市/福津市/大野城市/古賀市/大川市/田川市/宮若市/太宰府市/朝倉市/行橋市/宗像市/福岡市/柳川市/大牟田市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です