福井県で着物を高く売りたい人のための買取情報

福井県で着物を高く売りたい人のための買取情報

福井県で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、福井県のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

福井県の着物買取相場

福井駅周辺には、着物を販売する呉服店や着物のレンタルショップが多く存在します。

そのため福井の着物買取の相場も一見高く見えますが、実際は購入の需要が限られており、買取の金額は上げづらい状況にあります。

特に、着物を活かした観光スポットの豊富な京都や金沢と比較すると低くなっているのが現状です。

もし福井で着物の買取を検討する場合は、テレビCMにもあるスピード買取などの、ネット集客の買取業者の利用をお勧めします。

このようなネット買取業者は日本全国を買取地域としており、買取相場も全国基準になっています。福井県内の着物買取の相場よりも高額な査定結果を期待できますよ。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

福井県の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、福井県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名 住所

あれやこれや リサイクルきもの店
福井県福井市問屋町4丁目209
まからんや 福井県福井市田原2丁目15-16
中村質店 福井県福井市足羽1丁目26-15
天満屋 福井県福井市中央1丁目21-6
リサイクルきものヤマ 福井県敦賀市松島町2丁目8−35
やまてん 福井県小浜市駅前町16−7
キングファミリー 福井羽水店 福井県福井市下馬3‐301
キングファミリー 二の宮店 福井県福井市二の宮2‐31-34

福井県の織物&伝統工芸品

春江ちりめん(はるえちりめん)

福井県坂井市春江町を産地とする織物が、春江ちりめんです。

春江ちりめんの特徴は、シボにあります。このシボは強く撚りをかけた緯糸と、無撚糸の経糸を用いてつくりあげられています。

艶やかな光沢、滑らかな手触りと絹本来の良さも持ち合わせており、羽裏や長襦袢、八卦などに利用されています。

春江ちりめんは明治時代から作られたと言われています。織物の中では歴史が比較的浅く、新しい織物になるでしょう。

越前墨流し(えちぜんすみながし)

福井県武生市で行われている流し染めが越前墨流しです。

越前墨流しの模様は自然が生み出しているため、二つと同じ模様を染めることはできません。そこが越前墨流しの味であり、人気の理由となっています。

墨流しの歴史は古く、平安時代には既に存在していたと見られています。貴族の間で和紙を染める遊びとして楽しんでいたという記録が残っているほどです。日本の伝統的な染め方のひとつです。

墨流しはもともと和紙を染めるための染色法です。その技術を布地に転用し、今の形になったのです。

越前墨流しは1151年、治左衛門が墨流しの技術を応用し始められたと言われています。越前鳥の子紙、一越縮緬、塩瀬、羽二重などの絹織物を染生地としています。

正流、横流し、縦流し、渦巻きといった四種類の模様と、その組み合わせで作られます。かつては豊臣秀吉に認められたこともあり、代々の領主により明治時代まで保護されてきました。

福井羽二重(ふくいはぶたえ)

福井県を産地とする絹織物が福井羽二重です。

福井の絹織物は日本書紀には朝廷に献上されていた様子も記されています。平安時代には既に織機が導入され、歴史の古さが伺えます。

福井県で絹織物が盛んな理由に、一昼夜を通して湿度が安定していることが挙げられます。絹織物をするには最高の条件が揃っているわけです。

江戸時代に入ると、福井羽二重は福井藩主にも代々親しまれました。藩主の一人である結城秀康公は、この地方で作られる多摩紬を「北の庄つむぎ」と名付けています。

由利公正公が欧州から持ち帰った絹織物を参考に、1800年代終わり頃には羽二重が作られるようになりました。

コシがあって丈夫で柔らかい風合いが、福井羽二重の人気の理由です。胴裏・肩裏・羽裏・比翼地・長襦袢・石持として全国に流通しました。

現在では羽二重だけではなく、羽二重ちなんで作られた羽二重餅も福井県の名産品に数えられています。

福井県内の着物買取エリア

坂井市/越前市/あわら市/大野市/福井市/鯖江市/勝山市/敦賀市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です