千葉県で着物を高く売りたい人のための買取情報

千葉県で着物を高く売りたい人のための買取情報

千葉県で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、千葉県のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

千葉県の着物買取相場

千葉には東京の浅草や埼玉の小江戸川越などのような着物を着て観光するスポットがあまりないので着物需要があまりなく、着物の買い取りの相場は低い傾向にあります。

買取店や業者が持つ独自販売手段が多ければ多いほど高額査定を期待できるので、千葉で着物を買い取りに出す人はできるだけ買取規模の大きい業者を選ぶといいでしょう。

高額査定されやすい着物は、沖縄伝統の重要無形文化財に指定されている芭蕉布や宮古上布など、各地の歴史のある文化財です。反物として非常に価値が高くその着物や帯は高額査定されやすいです。

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

千葉県の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、千葉県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名 住所
大蔵質店/船橋本店 千葉県船橋市本町4丁目3-15
大蔵質店/船橋2号店 千葉県船橋市本町1-32-3 H1323ビル1F
大蔵質店/千葉店 千葉県千葉市中央区富士見2-8-16
江黒質店 千葉県松戸市金ヶ作408-73
越後屋質店 千葉県千葉市中央区南町1丁目2-2
トレジャーファクトリー松戸店 千葉県松戸市中根416-2
メイクバリュー北小金店 千葉県松戸市久保平賀380-1
メイクバリュー東松戸店 千葉県松戸市東松戸4-8-1

千葉県の織物&伝統工芸品

館山唐桟(たてやまとうざん)

千葉県館山市が産地の綿織物です。木綿で出来た縞織物を唐桟(とうざん)と呼んでおり、江戸時代にオランダ船により運ばれてきました。

別名棧留縞や唐棧留とも呼ばれています。オランダ船により、安土桃山時代にもたらされたと言われています。現在は館山唐桟の生産は館山の斎藤家一件のみとなっています。

始まりは明治初期に斎藤茂助が唐桟の技術を取得し織りだし、その後は2代目の豊吉からその子孫へと代々受け継がれてきたと言われています。

特徴は、細での木綿糸を天然の草木で染めた縞柄模様と、砧打ちをすることによる絹織物ような風合いと光沢です。

天保の改革で絹織物の着用が禁止されたのをきっかけに、元々は上流階級の者だけが身に着ける高価な舶来品であった唐桟が大流行しました。

銚子縮(ちょうしちぢみ)

銚子縮は千葉県銚子市が産地の綿織物でs。茨城県神栖市を中心に、主に漁師の妻女が出漁の安全と豊漁を祈って自家用として波崎縮が伝わり始めました。

普通の何倍もの撚りをかけて作ることで強力になり、その撚りが戻ろうとする力によって、何度洗っても縮むことのないほど丈夫に仕上がります。

左撚りと右撚りの2種類の木綿糸を染めてから織ることで特徴的な縞柄を生み出します。

江戸時代には機屋と呼ばれる機織り場が40軒以上、出機と呼ばれる機織りを内職にする者も100軒以上あり産業として栄えていました。

大正時代には生産が途絶えてしまいましたが、常世田真次郎氏の手により復元が果たされたことにより、千葉県の指定無形文化財に登録されたり、銚子には伝統工芸館も建立されました。

千葉県内の着物買取エリア

松戸市/勝浦市/鎌ケ谷市/流山市/我孫子市/富津市/白井市/旭市/茂原市/銚子市/大網白里市/市原市/館山市/印西市/浦安市/成田市/匝瑳市/四街道市/佐倉市/香取市/船橋市/八街市/柏市/八千代市/市川市/山武市/野田市/いすみ市/富里市/木更津市/千葉市/鴨川市/東金市/袖ケ浦市/南房総市/習志野市/君津市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です