青森県で着物を高く売りたい人のための買取情報

青森県で着物を高く売りたい人のための買取情報

青森県で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、青森県のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

青森県の着物買取相場

青森の買取相場は需要があるわりには控えめです。青森市や弘前市など人の多い地域には、呉服屋や着物のレンタルショップが複数構えていて着物の需要は高いですが、着物買取店自体がないからです。

青森で着物の買取をする場合は、ネットでの買取業者をお勧めします。青森の店頭買取では低くなっていますが、ネット買取業者は全国ベースでの相場での出張買取、宅配買取を行っているため、高い査定結果を望めます。

高額査定されやすい着物は、黄八丈です。黄八丈は東京八丈島を生産地として自生する植物を染料にした鮮やかかつ素朴なデザインが人気です。

市場に出回る数は決して多くなく希少価値が高いので高額査定されやすいです。黄八丈の着物や反物を持っている人はラッキーです!

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

青森県の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、青森県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名 住所
リサイクルショップ 宝さがし
青森県弘前市城東北3-10-1 さくら野百貨店弘前店3F
買取専門店 東京相場 青森県青森市中央1-23-6
きものリサイクルまるたけ 青森県青森市八重田4丁目2−1
きもの倶楽部 かさい 青森県弘前市新鍛冶町25−1
リサイクルショップ宝さがしさくら野弘前店 青森県弘前市城東北3丁目10−1
たんす屋八戸店 青森県八戸市沼館4-7-111 ピアドゥ・イトーヨーカドー八戸沼館店2F
ながもち屋 さくら野百貨店 青森店 5階 青森県青森市新町1-13-2
おたから屋 根城店 青森県八戸市根城3丁目24-21

青森県の織物&伝統工芸品

津軽こぎん刺し(つがるこぎんさし)

津軽こぎん刺しは青森県津軽地方に伝わる刺し子と呼ばれる刺繍の技法の一つで、津軽刺子とも呼ばれます。

作られている場所によって少しずつ特徴や、名前も異なり「西こぎん」「東こぎん」「三縞こぎん」の3つに大別されます。

刺し子とは布地に刺繍を行い幾何学的な模様を描くもので、津軽こぎんでは藍染めの麻布に木綿糸で刺し子を施した着物が主に作業着として作られていました。

寒さの厳しい津軽では綿の栽培は難しく、弘前藩の倹約令で農民の木綿着用も禁止されていたため、この地方では麻織物が発展しました。

麻は保温性にがなく擦り切れやすいため、麻の粗い布目を塞いで保温し、日々の農作業で擦り切れないための補強として麻を重ねて刺したのが刺し子の始まりと言われています。

明治に入ると木綿の着用が解禁されたため、麻の変わりに白い木綿糸で刺繍が施されるようになり現在の津軽こぎん刺しの形になりました。

やがて時代の流れとともに交通の便の発達し、綿が手に入りやすくなったため、麻より暖かく丈夫な木綿織物に取って代わられ津軽こぎん刺しは衰退していきました。

しかし、昭和初期に柳宗悦を中心とする活動により伝統工芸品として見直され、一般には手芸として改めて広く知られるようになりました。

南部菱刺(なんぶひしさし)

南部菱刺は八戸を中心とした青森県南東部や岩手県南部が産地の刺繍です。

単に「菱刺し」とも呼ばれ、津軽こぎん刺しと同じように麻布に糸で模様を描き、布地に厚みを加え保温性を高めたり、擦り切れを防ぐ補強のために行われていました。

名前の通り麻布の盾の織り目に対し、偶数の目を規則的に数えて指すことで菱型文様を作り出します。逆に奇数の目を数えて刺していく物が津軽こぎん刺しです。

この他にも2つの間には違いがあり、南部菱刺が様々な色の糸を使って鮮やかさを求めたのに対し、津軽こぎん刺しは模様や柄の多様性を追求しました。

作られる模様は昔の農村女性の日々の生活に密接に関わる様々な物がモチーフにされており、代表的なものでは「梅の花」「猫の目」「そろばんだま」、その他にも「矢の羽」「雉子の脚」「牛の靭」「魚のウロコ」などがあります。

南部裂織(なんぶさきおり)

南部裂織は青森県の南部地方の他、東北・北陸地方でも広く作られていた織物です。

木綿が育ちにくい青森や周辺の寒冷な地方では布が基調なものであったため、着古した着物や布を無駄にしないために当時の農村の女性たちによって生み出さました。

この地方で古い布は「ボット」と呼ばれ、これを細く裂いたものを緯糸に、麻糸や木綿糸を経糸に使い新たな布に仕立てあげます。当時なりのリサイクル方法の一つとも言える織物でしょう。

再生した布は主にこたつ掛けや敷物、仕事着や小物など自家用の生活必需品として使われ重宝されました。

木綿の入手が容易になった現代では廃れてしまいましたが、南部裂織保存会が発足され伝統技術の保存に力が注がれています。

津軽木綿(つがるもめん)

青森県弘前市とその近郊が産地の木綿織物で、紺、黒、浅黄の無地に染めた木綿を使って織られるのが特徴です。

寒さの厳しい地域のため綿の栽培が難しく入手が困難であった事と、弘前藩による倹約令により江戸時代には農民の木綿着用が禁止され元は麻を素材としたものが多く見られました。

その当時は村の婦人たちが手織の麻布を持って町の市日に出かけてゆくと、木綿屋が紺や浅黄の色無地の働着用木綿ととりかえてくれたと言われています。

明治時代になり木綿の着用が認められ、交通環境が整い木綿の入手が容易になると木綿織物として盛んに作られ、主に野良着として着用されるようになりました。しかし、現在では丹前や七分の上張りとしてわずかに残るほどです。

青森県内の着物買取エリア

八戸市/黒石市/三沢市/むつ市/弘前市/十和田市/五所川原市/平川市/青森市/つがる市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です