秋田で着物を高く売りたい人のための買取情報

秋田で着物を高く売りたい人のための買取情報

秋田で着物を高く売りたいけどどこのお店に持っていこうかなぁ…

と悩んでるあなた、実は近所の着物買取店では絶対に高く売れません!

近所のお店で売るよりも、ネットの買取業者のほうが高く買取してくれます。


なぜ、ネットの買取業者で高く売れるのかその理由と、秋田のおすすめ買取店や買取相場についてご紹介していきます。

ネットの着物買取業者だと査定額がダントツ高い!

実際にフリーマーケット、オークション、リサイクルショップ、近所の着物買取店、ネットの着物買取店に同じ振袖を査定をしてもらい買取額を比べてみました。

その結果、ネットの着物買取業者がダントツで高いことがわかりました!

着物買取店に比べネットの着物買取業者のほうが需要が高く(全国に対応してるため)、管理コストも安いので、その分着物を高く買取することができるからです。

絶対にネットの着物買取業者を利用するのが一番お得です!

おすすめのネット着物買取業者ランキングTOP3

ネットの着物買取業者といってもすべて優良会社とは限りません。中には着物に詳しくない人が査定している悪質な買取業者も存在します。

そこで当サイトでは独自にアンケートを取り、どのネット着物買取業者が評価が高いか調べランキングにしてみました。

No.1スピード買取.jp

他店より買取額が1円でも安ければ全品返却!
・汚れた着物や古い着物も高額買取
・完全無料で買取査定
・最短30分で自宅まで出張買取
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK
・女性の査定員も選べる

No.2買取プレミアム

安心な取引でお客様満足度第一!
・無銘なものも高額買取
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

No.3ヤマトク

創業20周年着物専門の買取業者!
・年間4000件以上の取引実績
・完全無料で買取査定
・キャンセル料無料
・クーリングオフ制度
・即日振込OK

秋田の着物買取相場

秋田県の着物買取相場は全国と比べ平均的といるでしょう。有名店で買った着物があれば10~20万円は見込めます。このように着物は状態やブランドによって、思わぬ高値で取引されることもあるのです。

秋田県で高値で取引される着物は秋田黄八丈だと言えるでしょう。秋田黄八丈は秋田県秋田市を産地とした有名な着物です。

黄八丈と聞くと東京の八丈島を思い浮かべる方がいるでしょうが、秋田県に生息するハマナスを染料として作られる秋田黄八丈は、上品で伝統的な絹織物として人気の着物となっているので高額な査定額になるのです。

 

買取金額:213,000円使い道に困っていた着物多数に付いた値段にお客様も納得!
買取金額:107,000円。人間国宝の希少な江戸小紋や証紙付きの着物類が納得の高値に!
買取金額:70,000円名古屋のお客様より、状態の良い着物を多数買取!
買取金額:68,000円ノーブランドの着物でも、未使用で枚数も多くこの価格に!
買取金額:43,000円タンスで眠っていた古い着物類がまさかの価格に!

参考:スピード買取.jp

秋田の着物買取業者一覧

ネットの買取業者が高いことはわかりましたが、それでも近所の着物買取店を利用したいという方のために、秋田県内の着物買取店を厳選してみました。

店舗名住所
東京相場 秋田店
秋田県秋田市中通5丁目5−32
オバタ質店 大館店秋田県大館市幸町2-6
ブランド館オバタ (秋田店)秋田県秋田市広面字土手下11-1
たをやめ秋田広面店秋田市広面字樋ノ沖100-4
秋田画廊秋田県秋田市中通6丁目12-32
源氏堂・宝屋中古和服買取専門店秋田県秋田市楢山太田町1−7
おしゃれ着物・きものリサイクル仙波屋秋田県秋田市大町1丁目5−20
リサイクルきもの衣屋秋田県大仙市朝日町17−21
古宝堂秋田県由利本荘市中竪町7−13
おたから屋 秋田通町店秋田県秋田市保戸野通町7-32

秋田の織物&伝統工芸品

秋田八丈(あきたはちじょう)

秋田県の伝統工芸品である秋田八丈(あきたはちじょう)は、江戸時代に誕生した歴史ある絹織物です。黄色ベースの草木染めでは八丈島の「黄八丈」が有名ですが、八丈島とは区別するために秋田県産のものは「秋田黄八丈」、「秋田絹」と呼ばれるようになりました。

秋田八丈の上品な縦縞や格子縞を出すためには、ハマナスという植物の根っこを原料として染め上げます。また、ハマナスに他の染料を混ぜることで出来あがる黒色も、艶のある仕上がりになっており、黄八丈よりも渋みがあって、落ち着いた印象を受けるでしょう。

秋田八丈の歴史は、江戸時代中期に活躍した石川瀧右衛門という人物によって飛躍的に向上しました。養蚕や織物の技術を持っていた石川瀧右衛門は、秋田県に移り住んで絹織物の生産に尽力したと伝わっています。

さらに織物の技術を発展させるために群馬県(上州桐生)から蓼沼甚平という人物を招きよせて、上州桐生に伝わる織物の色彩を取り入れることで、秋田黄八丈の技術が飛躍したのです。

このように秋田の歴史と共に歩んできた秋田黄八丈ですが、ハマナスが手に入りにくくなったことと、生産している工房が1929年には滑川機業場のみとなったことで、2003年になると秋田黄八丈は作られることはなくなったのです。

しかし滑川機業場で技術を学んでいた奈良田登志子を責任者とした「ことむ工房」が設立されたことで、秋田黄八丈はまた日の目を見ることになりました。今は着物だけでなく、ネクタイや財布といった小物も作られて人気となっています。

鹿角茜染(かづのあかねぞめ)

鹿角茜染(かづのあかねぞめ)は秋田県鹿角市で産まれた染物技術です。その歴史は奈良時代にまで遡り、朝廷に献上されていた由緒ある絹織物になります。江戸時代には将軍家にも贈られていたので、高級な着物として認知されていたのです。

染料に使われているのは茜に紫根という植物になり、羽二重や紬、木綿に無地で染め、布に圧力をかけて絞染にしています。絞り方は、大升や小升、立涌に花輪の四種類の紋様になっていることが多いです。

湿気を含まない性質から病気にならないとも言われおり、とくに痔や肺に効果があると考えられていました。鹿角茜染めの技術は残っていますが、現在では茜とムラサキ草の根っこが手に入りにくくなったことで衰退しています。

天鷺ぜんまい織り(あまさぎぜんまいおり)

天鷺ぜんまい織り(あまさぎぜんまいおり)は、秋田県由利本荘市産まれの伝統工芸品です。天鷺村に古くから伝わる技術は、経糸に絹、緯糸には白鳥の羽毛やゼンマイの綿毛が使われているのが特徴です。

そのため、「ぜんまい白鳥織り」と呼ばれていた時代もありました。ぜんまいの綿毛と水鳥の羽毛には防虫や撥水作用がある非常に珍しい織物になります。

一時は技術者がいなくなりましたが、今は復活して二人の職人によってその技術は守られています。また、作成に約二ヶ月もの時間を要することからかなり高額な着物として知られており、それが人気の理由ともなっているのです。

秋田畦織(あきたあぜおり

秋田畦織(あきたあぜおり)は江戸時代に秋田県で産まれた織物技術で、太さの異なる経糸と緯糸を使う畦織は、田んぼにある畦道のようだとして「秋田畦織」と呼ばれるようになったのです。

また秋田畦織(あきたうねおり)という別名もあります。秋田畦織も歴史は古いのですが、大正時代になるとその技術の継承者がいなくなりました。しかし今では見事に復活して、伝統技術は引き継がれています。

秋田県内の着物買取エリア

鹿角市/由利本荘市/秋田市/湯沢市/大仙市/潟上市/男鹿市/横手市/大館市/北秋田市/にかほ市/仙北市/能代市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です