中古の帯を高く売るポイントと買取相場を徹底解説

中古の帯を高く売るポイントと買取相場を徹底解説

帯の買取相場は最低でも500円、最高で8,000円ほどの査定額がついています。この大きな差額が出る理由は、帯には様々な種類があり、糸の使い方に模様、そしてシミに皺といった経過年数による状態が査定額に大きく影響していると言えます。例えば袋帯は8,000円ほどになりますが、名古屋帯は6,000円ほどで買取されているケースがあります。さらに有名な作家の手による作品になると、それだけで付加価値が出てきます。ですからキレイなものだからといってすぐに買取額が決まるわけではありませんし、状態が少々悪くても希少価値があれば査定額に響いてくると言えるでしょう。そのため、帯の買取価格は専門家に聞いてみることが確実ですので、無料問い合わせを利用することを推奨します。

袋帯を買取に出した場合の相場はいくら?

帯を買取に出す場合はブランドや状態に左右されますが、良品だと約7,000円からの査定額が付いています。着物になると一万円から五万円の値段が付くことを考えると低く感じますが、帯だけで考えると悪くはない値段だと言えるでしょう。留袖では約6,000円の査定額が付くことを考慮しても帯の買取の相場は安くはないですが、絶対に7,000円の買取額が付く保証があるとも言えません。袋帯を買取に出そうと思えばシミや皺がなく状態が良いものがいいですが、伝統工芸品や有名な作家の手による作品になると、高額になる可能性が高くなります。例えば一般の人にも知られている西陣織は日本を代表する織物ブランドになりますので、その帯ともなれば高値で買取されることに期待できるでしょう。また伝統工芸品では、伊兵衛織は上質な織物製品を作成しており、龍村平蔵や北村武資の作家陣が作り出す帯になるとその付加価値は高騰します。このように、帯を買取に出すに場合は、状態だけでなく帯のブランドや作り手に注目するべきだと言えるでしょう。

高額で買取される袋帯といえば?

袋帯を査定に出す場合は、最低でも染みがないことが望ましいです。他にも幾つかの判断材料があり、それらに該当するのなら高値になる可能性が高くなると言えるでしょう。それでは高額になるにはどのような条件があるのかとご紹介します。一つ目のポイントは「人気が高いデザインと色」です。人気があるということは売れることが見越せますので、買取業者も高値を付けてくれるでしょう。業界内でも需要がある商品は回転率も良いので、すぐに購入されることを予想できるのです。ですからニーズがあると思われる帯になると高額になることが期待できるでしょう。二つ目のポイントは「有名な作家、または人間国宝の作品」です。帯や着物になるとその技法は伝統的に受け継がれています。そのため古くからの方法を継承している人による作品になると大量に生産されることはなく、希少価値が付き高額になりやすいのです。また、着物や帯のブランドや品質を証明する「証紙」と呼ばれるものがありますが、人気作家の作品になるとこの証紙が付いています。ですから買取に出す場合は証紙があるかないかも重要になってくるのです。査定を依頼しようと思ったら、証紙を忘れずに持参してください。三つ目のポイントは「老舗ブランド」です。例えば「西陣織」の袋帯になると最高級品として人気が高く、高値になる可能性がとても高いと言えるでしょう。さらに日本を代表する染織研究家である龍村平藏(たつむらへいぞう)の作品になると、業界でも積極的に買取が行われています。また、石川県で生産される「牛首紬(うしくびつむぎ)」も高額な査定になることが期待できるでしょう。

名古屋帯を買取に出した場合の相場はいくら?

袋帯の買取相場は7,000円からの値が付きましたが、名古屋帯になると良品で約6,000になるので若干安く感じるかもしれません。その差がある理由は、袋帯は主にフォーマルな場面で使用されることに対して、名古屋帯はカジュアルなシーンで着用されることが可能だからです。元は礼装用として使用されてきたのですが、近年になると簡略化されたデザインが登場したことで普段着としてのニーズが高まり、自然と袋帯に比べてステータスが若干低下して使う機会の幅も限定されてしまいます。そのため値段が下がってしまう傾向があると言えるでしょう。しかしカジュアルな場面で使用できることから着物初心者でも手が出しやすく、人気もあるのでニーズが高い帯だとも言えます。着物は買取に出すとすぐに査定額がつく傾向がありますが、帯になると若干需要が低下していることもあります。しかし名古屋帯は人気がありニーズが高い帯であると言えるので、買取に出してもすぐに高値で引き取ってくれる可能性があるでしょう。さらに伝統工芸品や有名な作家陣の手による作品になると、査定額が大幅に高騰する可能性があります。ですから名古屋帯をお持ちの場合、買取に出すことで思わぬ高額になるかもしれませんので、査定を依頼してみることをオススメします。

名古屋帯を高値で売るには?

名古屋帯を高値で買取してもらおうと思ったら、注目するべきポイントは伝統工芸品か人気作家の作品だと言えるでしょう。帯に詳しくない場合はイメージするのが難しいかもしれませんが、買取サイトで有名になっているブランドだと「川島織物」は歴史が古く伝統的な絹織物になり、または業界でもかなり有名な銘柄になっています。さらに骨董価値がある「南部茜染め」は愛好家の間でも人気が高く、高値になりやすい傾向があります。名古屋帯を高額で買取してもらおうと思ったら、まずは生産や品質をチェックするべきだと言えるでしょう。

丸帯を買取に出した場合の相場はいくらになる?

保存状態が良く、染みや皺もないも丸帯だと約10,000円で買取されています。袋帯では約7,000円、名古屋帯は約6,000円、半幅帯になると5,000円ほどの値段が付くことを考えると、丸帯の買取価格はかなり高額になっていると言えるでしょう。丸帯がこれだけ高値になっているのにはある理由があります。戦前までは丸帯が格式ある礼装用として存在しており、袋帯の勢いが出てくるまでその圧倒的な優位は続きます。しかしその豪華で華麗な丸帯はその存在感から扱いが難しい印象になり、段々と使用されることが減少してしまい、着用される機会が減ってしまったことで、逆に希少価値が上がったのです。今ではアンティーク品として愛好家にとってかなりの人気となっています。そのため、市場に出回ると高額で買取される傾向があると言えるでしょう。購入される方は帯として使われることもありますし、仕立て直して名古屋帯や袋帯に作り変えることもあります。そのまま丸帯として着用される場合は、フォーマルなシーンで活躍しますので、普段着として使用されることは少ないでしょう。しかしリメイク用として購入される方も多いので丸帯の需要は高く、高値で買取されているのです。そして丸帯の買取相場では有名ブランドも重要なポイントでしょう。老舗の西陣織や手織りになると高値になる可能性がありますので、箪笥に仕舞ったままになっている帯で、価値が分からないものがあれば査定に出すことをオススメします。思っている以上に高額で買い取ってくれることがあるかもしれません。

丸帯を高値で買い取ってもらうためには?

丸帯には骨董品としての価値もあり、需要も人気もあります。アンティークであるがゆえに高値になりやすい傾向がありますが、もっと高額で買い取ってもらうためには様々な判断材料があります。注目するべきポイントを詳しくご紹介しますので、お持ちの丸帯と照らし合わせてみてください。一つ目はデザインです。市場に出回っていない柄になると希少価値が上がり高値になりやすいでしょう。たとえば「金襴(きんらん)」は、金糸金箔と絹糸をベースに仕立てられた非常に貴重な帯になります。金箔を浮き出すようなデザインはとても豪華な印象を与えるため、人気も高くなっているのです。二つ目は状態が良いものです。骨董的価値を求めるには、古くても染みやシワがなく保存状態が良いとかなり高額になると言えるでしょう。基本、中古市場では新品だと高額になる傾向がありますが、丸帯だと古くて良いものが高値になることがあるのです。三つ目は人気作家、人間国宝の作品です。他の帯でも言えることですが、作り手が有名だと高額になる傾向が高くなります。老舗の「西陣織」はもちろん、「龍村平蔵」の作品になるとその価値は大きく跳ね上がり、初代の龍村平蔵の丸帯になると、メディアでの鑑定結果で1,000万円もの金額がついたことがあるそうです。もし丸帯をお持ちでしたら買取業者に相談してみると良いでしょう。思わぬ掘り出し物の場合もあるので、アンティーク品は無料で査定に出すことをオススメします。

半幅帯を買取に出した場合の相場はいくら?

半幅帯を買取に出した場合の相場は、良品で約5,000円になります。袋帯や名古屋帯と比べると若干安くなっていますが、半幅帯は普段着として使用される頻度が高いので品質も高価な素材は使われていないことが高額になりにくい理由だと言えるでしょう。大量に作られた半幅帯になると、素材にポリエステルが使われていることがありますので、こういった場合だと買取価格は期待できないと思ってください。半幅帯が高額になるケースは、伝統工芸品と呼ばれる作品になります。たとえば福岡県の博多織や沖縄県に伝わるミンサー織になると買取相場は高額になる傾向があります。しかしあまりにも保存状態が悪くなると、一般的な相場よりも低下することがありますので注意が必要でしょう。

半幅帯を高値で売るためには?

半幅帯はどちらかと言えば、普段着として好まれています。浴衣に小紋と組み合わせて着用される機会が多く、フォーマルではなくカジュアルな場面で活躍するので着やすい素材が使われています。ウールやポリエステルで作られた半幅帯は自宅で洗濯できることからも、需要が高く人気があります。しかし着やすい反面、高額で買取されることはあまりないでしょう。というより値段が付かないことが多いと言えます。買取業者によってはウールやポリエステル素材の帯は買取をしていないと明記しているサイトもあります。ではどのような半幅帯が高値になるのかと言えば、「錦織り」や「吉祥模様」のような金箔入りの華やかなデザインのものだと、高値になる可能性があるでしょう。また伝統工芸品である「米沢織」や「首里花織」だと高額査定に期待が持てます。そしてやはり「西陣織」になると高値を見込むことが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です